mdm市場が広がる今

admin, 09.04.2019

mdmの市場はここ数年で、私達の予想をはるかに超えるスピードで拡大を続けています。これは世界規模でスマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末の普及が進み、1人1台以上のモバイルデバイス端末を保持していることが当たり前になっている現在の状況が生み出したものです。
企業ではスマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末を使った業務が当たり前のように行われており、多くの企業では、社員の働き方改革や、業務効率アップのためにモバイルデバイス端末の導入を検討しています。
企業で大量のモバイルデバイス端末を導入するにあたり、mdmツールによる一元管理は非常に重要になってきます。mdmツールによる一元管理を行えば、効率よく、スムーズに端末を一括して管理、統制できるようになります。
mdm市場にはたくさんのmdmサービスがあり、どのmdmツールを導入するかによって機能などや管理も異なってきます。
企業としては導入目的を明確にして、求める機能に合ったmdmを選択する必要があるでしょう。

Komentarze (0) Więcej

byod導入時はmdmソリューション管理が必要

admin, 29.03.2019

日本企業の中には個人が所有するモバイルデバイス端末を業務で利用するbyodの導入を懸念する企業が多い潮流がありました。
しかしスマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末市場の拡大に伴い、多くの企業では業務にモバイルデバイス端末を導入するようになり、その中でbyodを取り入れる企業も増えてきています。
byodを導入することは、企業や従業員にとってマイナスではありません。むしろプラスになる部分が非常に多いのです。例えば企業のメリットとしてはスマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末を従業員用に支給する必要がなくなるため、初期導入にかかるコストを削減することができます。
初期導入にかかるコストを削減できれば、その分業績アップにもつながるでしょう。また従業員側としても使い慣れたモバイルデバイス端末を利用できるので使用時のわずらわしさがありません。
byodを導入する場合には、mdmソリューションでの管理が必要となります。

Komentarze (0) Więcej

mdmの特長と導入事例

admin, 19.03.2019

スマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末を遠隔操作で一括管理できるmdmの導入事例は近年急増しています。mdmの導入に際しては、それぞれ導入する企業や教育機関などの組織や自社に適した製品やサービスの選定を行う必要があります。自社に適したmdm製品の選定のためにはまずは、導入しているスマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末の特長を明確化しておく必要があるでしょう。
従来の携帯電話とは異なり、スマートフォンは電話機能だけではなく、ノートパソコンのような携帯性に優れたパソコン機能も有しています。そのため電話番号などの個人情報の他に、メールや保存ファイル、画像など社外秘となるデータをたくさん取り扱っているのです。スマートフォンの特長をよく熟知してmdmの必要性をしっかりと考えていきたいです。企業で契約している携帯電話、スマートフォンの数は1000万回線を優に超えています。
企業にとっては業務利用目的でモバイルデバイス端末の導入、mdm導入事例が増えています。

Komentarze (0) Więcej

法人向けのmdmサービス

admin, 09.03.2019

スマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末を一元管理するツールとして知られているのがmdmです。
スマートフォン、タブレットなどのモバイルデバイス端末の普及に伴い、mdm市場も拡大しつつあり、日本国内、国外にはいくつもmdmツールがあります。
mdmはWebブラウザによる管理画面を利用して、管理者がデータの通信の休止、再開、通信速度、通信料の制御、遠隔操作によるモバイルデバイス端末の設定変更、操作、持続機器の死活監視を行うことができます。
通信状況の監視や不正利用の防止などのセキュリティ機能も提供してくれるのです。
複数のスマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末を一括して管理できるので、大量のモバイルデバイス端末を業務で利用する企業などには欠かせません。
紛失・盗難時の情報漏えい対策だけではなく、モバイルデバイス端末の不正利用、端末情報の収集と管理の効率化にもつながります。

Komentarze (0) Więcej

モバイル端末管理ツール=mdmでのセキュリティポリシー

admin, 26.02.2019

モバイル端末管理のツールであるmdmがあれば、しっかりとしたセキュリティポリシーでの運用が可能になります。スマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末の業務利用は非常に魅力的であり、効率よく業務を行えるとあって今や業務でタブレットやスマートフォンなどのモバイルデバイス端末を利用することが当たり前になりつつあります。
スマートフォンやタブレットがあれば外出先でも、仕事ができますし、リアルタイムで最新の情報を収集、共有することが可能です。ただモバイルデバイス端末を利用する際には、業務で使う端末をきちんと企業側が把握して、一元管理しておく必要があります。それがきちんとできていないと、従業員が勝手にプライベートでモバイルデバイス端末を使用してしまい、紛失・盗難時に情報が漏えいしてしまう危険性すらあるのです。
またインストールするアプリケーションも注意しておく必要があります。悪意のあるマルウェアに感染したアプリもあるので、インストールするだけで情報が流出する危険性もあるのです。

Komentarze (0) Więcej

気を付けるべきシャドーbyod

admin, 16.02.2019

byodは個人が所有しているスマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末を業務で活用することをいいますが、そこには個人端末としての利用と、企業としてのモバイルデバイス端末の業務利用という線引きが絶対条件となります。そのため規定を作らずにbyodを黙認することはよいことではないので、mdmソリューションなどで個人所有のモバイルデバイス端末においても管理をする必要があります。mdmはモバイルデバイス端末管理ソリューションのことであり、byodに対応しているmdmも多いです。
普段使っているスマートフォンで仕事の資料をチェックしたいという時に、社員が個人のモバイルデバイス端末から業務の資料をダウンロードすることはbyodでは問題ありませんが、byodが認められていない企業においては問題となります。これを黙認してしまうとシャドーbyodの存在が増えてしまい、外部に機密情報が漏えいしてしまう危険性があるのです。

Komentarze (0) Więcej

mdm導入事例の急増

admin, 06.02.2019

mdmはモバイルデバイス端末管理ツールのことであり、企業でのmdm導入事例は拡大の一途をたどっています。企業でスマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末を導入する場合、大量のモバイルデバイス端末を一括して管理する必要があります。
モバイルデバイス端末を管理する上で重要になるは、それらのモバイルデバイス端末を効率よく、そして安全に使用することです。
そこで活躍するのがmdmツール。mdmはモバイルデバイス端末を一元管理でき、セキュリティ対策や資産管理、さらにはアプリケーションの管理まで行ってくれるソリューションなのです。
ただmdmのサービスプロバイダー、ソリューションベンダーのサービスはmdm製品固有の機能によって、全てを期待するものではなく、導入するスマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末の機種特性、ネットワーク接続環境によって利用できるセキュリティコントロールの機能が異なるものという認識は持っておくべきでしょう。

Komentarze (0) Więcej

モバイルデバイス端末導入数の増加に伴うmdm市場の拡大

admin, 24.01.2019

増え続けるサイバー攻撃に対して、何か対策をしなければ、企業としてスマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末を導入するのは非常に危険です。
サイバー攻撃が増えるだけではなく、それに伴って制約やコストも増え続けています。そこで企業としてmdmなどの簡単な1つのツールで、全てのモバイルデバイス端末の安全な環境を提供することができます。
mdmはコスパもよく、機能面も充実しているので、多くの企業ではモバイルデバイス端末を導入する際に、同時にmdmも導入するケースが多いです。つまりモバイルデバイス端末の導入が増えるということは、mdm市場が拡大することを意味します。
mdmではセキュリティ対策、IT資産管理、スマートデバイス管理、グローバル対応など様々な機能があります。見落としがちな脆弱性を見逃さない自動機能がついているmdmもあり、企業のセキュリティを強化、保護するためにmdmにはたくさんの機能が搭載されています。

Komentarze (0) Więcej

初期設定が圧倒的に早く済むApple DEP

admin, 14.01.2019

企業でも学校などの教育機関の施設でも、スマートフォンやタブレットなどの大量のモバイルデバイス端末を導入する時には、様々な問題、検討事項が浮彫になります。モバイルデバイス端末の利用用途は各企業や教育機関によって異なりますが、セキュリティの設定、モバイルデバイス端末の利用環境の情報、利用できるサプリケーションなど様々な運用を想定した設計をおこなう必要があるのです。
通常であればモバイルデバイス端末を購入してから、管理者はモバイルデバイス端末を一台ずつパソコンにつなげたり、mdmと認証したりすることで、必要な設定、アプリケーションの配信などを行っていきます。
しかしこの作業は時間と労力が非常に多く必要となり、面倒になってしまいます。それらの運用する上での面倒な手間を効率よく解決する1つの手段がApple DEPになります。Apple DEPを利用すれば、モバイルデバイス端末での設定を一切行う必要がありません。またユーザーがモバイルデバイス端末の電源を入れるだけで全ての設定を終わらせることができるなどのメリットが得られます。

Komentarze (0) Więcej

android、iOSの端末管理は業務効率アップにつながる

admin, 04.01.2019

業務で、android、iOSなどのスマートフォンやタブレットを利用したいけれど、社員にandroid、iOSなどのモバイルデバイス端末を配布すると業務外の利用が増えてしまいそうで心配…という企業担当者は多いでしょう。
しかしその心配を解消してくれるのがmdmソリューションです。mdmはモバイルデバイス端末管理ツールの略であり、モバイルデバイス端末を円滑にそして効率よく管理できるソリューションになります。
例えば社員が業務以外に、android、iOS端末を不正に使用しないようにモバイルデバイス端末自体に利用制限する設定を一括で管理してしまうこともできます。モバイルデバイス端末の初期導入から運用管理までに起こる様々な悩みや課題を解決してくれるのがmdmになるのでs。
mdmは必要な機能に関してはまとめて基本機能で提供されている製品が多いです。
また迷わずに簡単に使える管理サイトになっているので、管理者の管理負担も減ります。

Komentarze (0) Więcej