Apple DEPとは?

admin, 02.10.2018

Apple DEPはapple社が提供するプログラムサービスのことです。
Apple DEPではappleのプログラムとサービスがiOSデバイスとコンテンツの管理を簡単にしてくれます。
つまりApple DEPはビジネス向けのappleプログラムなのです。
Apple DEPはApple Developer Enterprise Programの略であり、iOSアプリケーションの開発を始めるために必要な全てのツールと技術関連情報が手に入ります。
Apple DEPを利用することで、独自の社内iOSアプリケーションに署名して支給することができ、開発したアプリケーションを社内ポータルやmdmを使って社内に配布できるようになります。証明書を作成してそれの対応するファイルを取得すれば、全ての社内アプリケーションの管理必要な権限を持つことができるのです。さらに社員のデバイスからアプリケーションを無効にする作業も行えます。

Komentarze (0) Więcej

mdmソリューションの競争の激化

admin, 22.09.2018

mdm製品を提供するベンダーは日本国内だけでもたくさんあります。近年、mdmソリューションはモバイルデバイス端末だけの管理にとどまらず、モバイルアプリケーション管理のmamや、モバイルコンテンツ管理のmcmのニーズが高まっていることから、mdm、mcm、mamの機能を全て備えているemmと呼ばれる管理ソリューションを提供する企業も増えています。
このemmはエンタープライズモビリティ管理のことであり、スマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末を総括して管理、活用することができます。
またmdm製品を提供する企業によっては、他のメーカーとの差別化を図るために、そのmdm製品独自の機能を提供するなどの動きも見られています。
多数のmdm製品が登場して、競争が激化しているので、生き残りをかけてmdm製品にも違いが出てきているのです。mdmを導入する企業側としても、しっかりとmdmソリューションの選別をする必要があるでしょう。

Komentarze (0) Więcej

byod導入事例では忍び型byodを防止できる

admin, 12.09.2018

byodを導入する企業は現在非常に右肩上がりで増えており、今後さらにbyod導入事例は増えてくるでしょう。byodを導入した企業では、忍び型のbyodの防止ができると言われています。これまでbyodを認めていなかった企業では、シャドーbyodと呼ばれる忍び型byodが存在しました。これは企業ではbyodを認めていないものの、従業員が勝手に判断してbyodをしてしまっているということです。
私物のスマートフォンやタブレットで会社のメールを確認するという行為は、スマートフォンの設定を変えれば簡単に出来てしまうため、実際に忍び型byodをした経験がある方も多いかもしれません。
しかしbyodを従業員の判断で勝手に行っていると、もしも私物のスマートフォンやタブレットを紛失したり、盗難されたりした時に、そこから全ての情報が流出してしまう恐れがあるのです。
私物のモバイルデバイス端末はきちんとしたセキュリティ設定がされていない場合が多いため、機密情報や個人情報などが全て流出してしまう危険性が非常に高いのです。
そういう意味でも忍び型byodを防止できるというのは企業として大きなメリットになります。

Komentarze (0) Więcej

大量のマルチデバイス端末管理を可能にしたmdm

admin, 01.09.2018

スマートフォンやタブレットを個人で使用する時と違い、企業でスマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末を導入した場合、一括した管理を行うことが重要です。
きちんと管理できず、不正利用されたり、盗難されて情報が流出されたりしていては、せっかく業務効率アップを図るために導入されたモバイルデバイス端末のせいで台無しになってしまう…ということにもなりかねません。
そこでまとめて導入されたスマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末の一括管理は、mdmにお任せするとよいでしょう。
mdmとはmobile device managemetのことであり、iPhone、iPad、android、Windowsなど様々なマルチキャリアに対応しているデバイス管理ツールになるのです。
このmdmを導入することで健全にそして、安全に会社の電話やメールを使うことができます。
新しいモバイルデバイス端末を管理する時にはmdmが欠かせません。

Komentarze (0) Więcej

広がる教育現場でのICT活用

admin, 22.08.2018

企業でのスマートフォンやタブレットの導入は一般的になってきていますが、教育現場においてもタブレットなどのモバイルデバイス端末を利用した学習活動が進められています。特に小学校や中学校などの義務教育機関においてもICTを活用した授業が頻繁に行われています。
このモバイルデバイス端末を導入した授業は子供たちにとってもこれまでにない新しい学習経験になります。今後さらに世界は情報コミュニケーション技術は進化していくため、その資質を養うためにも教育現場でのモバイルデバイス端末の活用は必須となっていくでしょう。
しかしタブレットなどを授業で使用する場合、そのまま生徒に渡してしまったら学習の阻害となります。そこで大量のタブレット端末はWebフィルタリング機能やアプリ起動禁止機能などによって利用環境を整備する必要があります。教育機関においてタブレットなどのモバイルデバイス端末を導入する場合、あらかじめ利用環境を整備することが重要になってきます。
そのためにはmdmは欠かせない管理ツールとなるでしょう。教育現場でのモバイルデバイス端末導入は、mdm導入が必須となります。

Komentarze (0) Więcej

スマートフォンのセキュリティ強化

admin, 11.08.2018

スマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末は業務で使用すると非常に便利です。効率よく業務を行うためには今やスマートフォンやタブレットなどの存在は欠かせません。
しかしモバイルデバイス端末は携帯性に優れているため、それがメリットでもあり紛失や盗難のリスクが高まるなどのデメリットにもつながるのです。
紛失した時の安心セキュリティ対策として欠かせないのがmdmです。mdmを導入することによって一括でモバイルデバイス端末を管理できるだけではなく、セルフリモートワイプなど遠隔操作でモバイルデバイ端末内の情報を把握することができ、紛失時にはデータの消去や初期化なども可能になっています。スマートフォンを紛失してしまうと、情報漏えいのリスクが高まります。
いつでもどこでも社内にいる時と同等のコミュニケーション環境が実現できるモバイルデバイス端末はセキュリティを強化する必要があります。その際にmdmは欠かせないのです。

Komentarze (0) Więcej

便利なVPPとは?

admin, 31.07.2018

mdmはモバイルデバイス管理ツールのことであり、スマートフォンやタブレットなどを企業や教育機関で一括して導入する時に、一元管理できるソリューションになります。
またVPPとは法人、教育機関がアプリケーションの購入・配布をするためのapple社が提供するビジネス向けのプログラムになります。VPPは企業や学校などでiPhoneやiPad、macなどのiOS端末のデバイス利用が増えている現状で、業務上で必要になるアプリケーションを利用する機会を増やしたことでアプリケーションの導入をより効率的に行うために提供されたプログラムになります。
VPPでアプリケーションを購入して、各ユーザーへと配布します。この配布したユーザーが退職や卒業などに伴い、モバイルデバイス端末の使用が必要亡くなった場合、VPPではアプリケーションの所有権をいったん回収して、別のユーザーが利用できるように設定することができます。そうすることでそのアプリケーションの所有者を簡単に差し替えることができるのです。

Komentarze (0) Więcej

mdmソリューションで何ができる?!

admin, 20.07.2018

企業でスマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末を活用する上で必須の管理ツールソリューションとなるのがmdmです。mdmはモバイルデバイス管理ツールのことであり、mdmの需要は急増しています。
効率的にスマートフォンやタブレットなど、企業で導入した大量のモバイルデバイス端末を管理するためには、mdmは必須のソリューションとなっています。
企業でモバイルデバイス端末を導入し、業務活用する際に最大の課題となるのが、端末内のデータ保護、端末・アプリの管理になります。
mdmソリューションでモバイルデバイス端末を管理することで、統一したポリシーの下に遠隔から複数のモバイルデバイス端末を一元管理することが可能です。mdmソリューションによって搭載する機能は多岐にわたりますが、スマートデバイスの業務活用における課題に照らし合わせて様々な機能を活用できます。その機能は紛失・盗難の情報漏えい対策、不正利用の防止対策、端末情報の収集とポリシー一斉適用による管理の効率化などがあります。

Komentarze (0) Więcej

mdm製品はどこを比較するべき?

admin, 10.07.2018

mdmでおこなえる管理機能はたくさんあります。また企業によってmdmに求める機能は異なります。そこでmdm製品を比較する時には、企業としてどのようなmdmの機能を求めているのか?モバイルデバイス端末の何を管理したいのか?を明確にしてみるとよいでしょう。
mdmの管理機能としてはアプリのインストール制限や、紛失、盗難時のリモートロック、リモートワイプ機能、GPS機能、操作履歴の確認、アップデートの強制的実行、アプリの消去制限など様々です。
mdmの基本的機能としてはセキュリティ対策と、資産管理になります。
mdmの基本的機能は製品によってそれほど違いはありませんので、それ以外の点でmdmの比較を行うのがよいでしょう。
比較するポイントとしては、管理画面の各種レポートの充実度、メーカーの信頼性とサポートの充実度、稼働確認のための通信間隔、パソコン管理との統合性、価格などです。これらを比較することでその企業にあった
mdmを選ぶことができるでしょう。

Komentarze (0) Więcej

モバイルデバイス導入に欠かせないmdmのリモートワイプ

admin, 29.06.2018

企業でスマートフォンやタブレット端末などを導入するケースは増えています。
いつでもどこでも業務できるモバイルデバイス端末を導入することによって、企業としては業務効率が断然はかどります。
しかしその反面、セキュリティ面での強化が必要になるなど、モバイルデバイス端末を導入するにあたり見えてくる課題はたくさんあります。
モバイルデバイス端末の管理強化としておすすめしたいのがmdmです。mdmツールを用いることによって、スマホやタブレットなどのモバイルデバイス端末を円滑に管理することができるようになります。モバイルデバイス端末を管理するツールをmdmと呼びますが、このmdmにはたくさんのセキュリティ対策機能があります。
その1つがリモートワイプです。リモートワイプは遠隔操作でモバイルデバイス端末内の情報を消去できる操作機能になります。
この機能が付いていることで、モバイルデバイス端末の紛失・盗難の際セキュリティ対策になります。

Komentarze (0) Więcej