Androidセキュリティの落とし穴

admin, 30.05.2016

グーグルのモバイルOS『Android』は、プロファイル制限や認証の強化、フルディスク暗号化などのおかげで、以前に比べて格段にセキュリティ強化が進歩しています。これは企業のIT管理者がAndroidの端末管理&セキュリティ強化の手段を得ていることに他なりません。しかし油断は禁物…Androidには未だに落とし穴が存在しているんですよ。その1つ、Android断片化の問題はご存知でしょう。これはAndroid端末を提供する各社ベンダーがOSを改造できることによって引き起こされます。OSが統一していないということは、管理するのも大変だということですね。会社支給の端末だろうがBYODだろうが、許可する端末の数とOSバージョンを限定すること!それがこのAndroid断片化問題の最良の解決策になるでしょう。またマルウェア対策にMAMツールを利用しているという企業は多いと思いますが、マルウェア対策製品によって効果はマチマチのよう。導入する前に十分な審査が必要になるでしょう。このようにAndroidには未だにセキュリティ上の課題があり、IT管理者は引き続き警戒が必要だと思います。

Komentarze (0) Więcej

かなり使えるようになったSNS

admin, 28.05.2016

そうだったんですね、法人向けのSNSって「ソーシャルメディアの中で一番ダサい」と言われているサイトがあるんですって。皆さんは知ってました?その名前はリンクトイン。アメリカのSNSだそうです。
以前は、使いにくいというよりもダサい、ウザいといった印象で^^みなこのアプリをダウンロードしていても、数週間に一度しか開くことが無いんだそう。

しかし、iOS、Androidともにアプリを大胆に刷新。これによって「春の大掃除をした後のようにすっきりしている。」とのこと。

また、ユーザーごとの思考に合ったアドバイスや業界ニュースなども提供され、法人向けのスマートフォンにダウンロードしておくのにも良いとか。さらに送られてくる情報をカスタマイズすることで、さらにユーザーに有益な情報をたくさん入手できたそうです。

情報って大事ですよね。もし今、送られてきた情報が役に立たなくても数か月後、あるいは数年後に役に立つ場合もありますからね!

Komentarze (0) Więcej

キャリアの料金は正直下がらない・・

admin, 23.05.2016

こんな悲しい話しをしているのは、ZTEジャパンの営業部長の方。ZTEブランドを率いる方であり、日本のSIMフリー市場に大きな期待を持たれているようです。

実質端末0円の総務省の施策によって、大手キャリアでは端末が売れにくくなっていますよね。ではみなさんどこでスマホを買っているのかと言うと、そう、格安スマホなんですね~。あるいは中古のスマホなども人気となっていて、大手キャリアの高いスマホは人気下降気味となっています。

ちょっと前までは、SIMフリースマホと言うと海外でも気軽に使えることから法人向けのスマートフォンとしての市場が大きいのかな、と思っていましたが、今回の総務省のお達しによりガラリと風向きが変わってしまったようです。

さらには、ZTEの営業部長さんが言う「キャリアの料金は、正直下がらないと思っている。」との言葉。私は期待しているんですけどね。。しかしこれはSIM市場にとってみれば好機なんですよね。私もSIMフリースマホ、考えよっかな^^

Komentarze (0) Więcej

MVNOでも取り扱いされるそうです

admin, 20.05.2016

最初のスマホは評判があまり良くなかったものの、第2弾となる今回はなかなかのようですね^^そのスマホとは、VAIOから発表されたWindows 10スマホ「VAIO Phone Biz」。Windows搭載ということは、法人向けのスマートフォンとしても有力なスマホであり、名称にもBizとついています。

昨年の今頃ですが、VAIOは日本通信と協業して最初のスマホを作っていました。日本通信が主導で作ったような製品だったため、VAIOのそれまでの技術が活きていない!という声が多く、結果は惨敗でしたね^^このようなこともあり、今回はVAIOがかなり手を入れていて、しかもビジネスマンにフィットするような使い勝手の良さをアピールしているようです。

VAIOのStoreでは4月から受注開始・・か、発売を予定しているそうで、5万円台というなかなか良い感じの価格設定のようです^^

また、MVNOとしても発売されるようで、ビッグローブ、楽天モバイルがすでに取扱いを発表しているそうですよ♪

Komentarze (0) Więcej

楽天モバイルの野望??

admin, 16.05.2016

MVNOを利用した格安スマホの話題は日々ネットニュースでも見られ、法人向けのスマートフォンとしても契約数が伸びているような印象ですが、実は携帯電話の全部の回線においてはまだ1割にも満たないんだそうです。そこで、この状況をチャンスと捉える企業もあるんですね。

その一つが楽天モバイル。以前はMVNOの回線は安いけど回線の品質が悪い・・と言われていたところを、質の向上に注力し、最近では前向きな評価がたくさん聞けるようになったとのこと。

今年は6つの公約として、「5分かけ放題」「海外SIM」「楽天メール」「光回線セット」「100カ所展開」「楽天経済圏」というものを掲げたそうです。5つめの100カ所展開とは、実は楽天モバイルには実店舗もあるんですって、知ってました?ワイモバイルなら近くにあるんですけど^^楽天モバイルもあるとのこと。この店舗を100カ所に作ることも目標にしているそうです。

ケーズデンキや蔦屋書店を展開するトップカルチャーとも提携をしたとのことで、今年は楽天モバイルの話題がさらに増えるかもしれませんね。

Komentarze (0) Więcej