アピールするツールとしても

admin, 15.11.2016

SFAの利用によって毎日の日報入力が外出先からもできるようになったり、データを集積すれば情報の分析も可能となります。情報分析ができれば営業自体の効率アップもできますし、さらに営業プロセスの見える化によって営業成績の良くないスタッフは成績の良いスタッフから学ぶことも多くなり、営業部全体の商談成功率が高くなると言われています。

また、視点を変えると営業担当者がアピールするツールとしてもSFAは使えるんです。どういうことかと言うと、先ほども言ったようにSFAによって営業プロセスは見える化、つまりほかの営業スタッフは勿論上司にも自分の営業が丸わかりとなります。スタッフによっては迷惑なツールになる可能性もありますが^^自分が毎日どれだけ営業という仕事を頑張っているのか、言葉で伝えなくても日報から上司に伝わるわけなんです。

もしそこに上司からのコメントが入れば、営業中の修正もすぐに可能ですし、励ましの言葉でもあればモチベーションも上がるというものです^^

Komentarze (0) Więcej

Appleが見るモバイルビジネスの未来

admin, 06.11.2016

現在、貴方はスマートフォンをどのように利用していますか?ニュースを読んだり、動画を見たり、友人や同僚とコミュニケーションしたり、買い物をするなどが主でしょうか。しかし将来的にはより進化した目的での利用が増えていくと思われます。先日イヤフォン端子のない「iPhone 7」と無線イヤフォン「AirPods」を発売したAppleも、そんな未来を見通しているそう。同社は、デバイスを他のデバイス・インターネット・人とをコードレスでつなぐ未来を描き出しているのです。もちろんターゲットはコンシューマーだけではありません。ビジネスにおけるモバイルの未来も念頭にあるのは明らか。例えば「現場の写真撮影」「現場係員による計器読み取り」「医師による患者の診察」などのシーンで、現場では今より進化したモバイルツールが求められているのです。「iPhone 7」と「AirPods」は、それらを見据えているということ。Appleがスマートフォンで大きくビジネスに革新をもたらせるには、他の企業との提携が必須ですが、その準備は今も着々と進んでいます。どのようなモバイルビジネスを実現していくのでしょうね。

Komentarze (0) Więcej

フォローメールがすごく大事

admin, 03.11.2016

営業マンのお仕事は本当に多岐にわたります。新規顧客の開拓のために直接アポを取って会社訪問したり、継続顧客への定期的な営業、営業支援ツールなどから得られた情報を基に顧客ごとにアプローチの方法を変えたりと。。それから、展示会などを開いた後にはフォローメールを出すことも忘れてはいけません。「展示会にお越しいただきありがとうございました!」だけでは、見込み客のフォローにはならないんですね~。

展示会に来てくれたことに本当にシンプルに感謝すれば良いのですが、その際、展示会場に展示していた商品、サービスの写真を貼ったり、URLとして挿入するようにしましょう。また最後に、展示会には展示していなかったものの、その客が興味を持ちそうなものも自社にはあります、ということもわかりやすく紹介しておくと良いでしょう。もちろん、メールの長さはメールを開いた状態ですべてが見渡せる位の長さにします。

くどくなく、でも商品アピールはしっかりと、これが需要なんですね。

KnowledgeSuite

Komentarze (0) Więcej