特徴の違うSFA

admin, 25.05.2017

一言でSFAといっても、それぞれのシステムによって機能や性能、価格など特徴が違ってきます。例えば『ALL-IN』というシステムは、SFAと グループウェア機能が一つになっているので、カレンダーに営業で発生したタスクを表示させたりメールに通知がくるように設定できるんですよ。多くの案件を営業担当者個人が抱えているケースや、顧客や見込客に対してスピーディな対応が求められている営業チームに適したSFAといえるでしょう。また『GRIDY SFA』は、簡単に営業報告を行えるようになっており、顧客情報と営業活動を記録しておくだけで、それらを分析し、営業プロセスを見える化できるそう。商談・担当者・営業報告・スケジュールなどという顧客企業に関連するすべての情報を一覧表示することで次の一手が見付けやすくなります。この他にも『ZOHO CRM』というシステムは、メール分析機能とWebサイトの訪問追跡で、顧客の行動からニーズを分析できる顧客管理に優れたSFAです。導入する際は、それぞれの特徴を把握して、自社に合うSFAを選びましょう。

Komentarze (0) Więcej

とにかく数を重ねること

admin, 18.05.2017

SFAを使っての営業は、様々な効率化を実現しますが、新入社員の営業においてはすぐに効果が発揮できるとは言い難いものです。4月に入社し、先輩営業マンと一緒に取引先にあいさつに行ったり新規開拓に励んだり。営業という仕事に慣れるだけでも、しばらくは時間もかかるでしょう。その上、システムに慣れろと言われてもさらに時間がかかってしまうかもしれません。

でも、時間をかけてでも毎日やるべきことを行っていれば、必ず自分にかえってくるものです。新規開拓も、とにかく数を重ねて営業に回れば次第に自分の何が良くなかったのか、どの時点で顧客が離れてしまったのかがわかるようになると言います。

その手助けをしてくれるのも、やはりSFAなんですね。SFAではほかの営業マンの営業プロセスも透明化されているのでいつでも参考にすることができます。商談の成功率が高い先輩営業マンの営業プロセスを参考にし、改善点、解決策を見つけ、実行していく。これの繰り返しによって、営業にもシステムにも慣れてくことができるんですね。

SFAについてより詳しい情報はこちらを参照してください。

Komentarze (0) Więcej