学校側が求めるmdmのニーズとは?

admin, 25.08.2017

企業でタブレット端末を導入する場合と、学校でタブレット端末を導入する場合では気を付けなければいけない点、課題点が若干異なる場合があります。例えば企業でタブレットを導入した場合、紛失、盗難による会社の機密情報が漏えいしてしまうのが一番の課題となります。そこでタブレットを紛失してしまった場合には遠隔での操作制限としてワイプやロック操作を行い、不正利用、顧客情報などの流失を未然に防ぐようにmdmで管理行います。また使用者がモバイルデバイスにインストールしたアプリケーションやデバイスの利用頻度などの情報を管理したり、収集したりすることもできます。
一方学校では、セキュリティ面はもちろんですが、教師など管理者が業務を効率よく進めることができるか?という点が1番の課題となります。タブレットを授業で必要する場合、アプリの追加やバージョンアップが必要になり、それにはwi-fi接続の設定が必要となります。このような基本的な設定をすべてmdmが行ってくれるかどうかがポイントとなります。
学校に配置されるmdm

Komentarze (0) Więcej

マルウェア対策

admin, 15.08.2017

コンピューターを個人的または仕事で用いる場合において避けられない作業の一つにメンテナンスが存在する。システム周りの不備やウイルスの存在をスキャンし、常に安定した環境を維持する為にも定期的なメンテナンスは不可欠と言える。小さなパソコンとも形容されるスマホにおいても同じ事が言えるのだが、このメンテナンスも地味に面倒くさい。個人用のPCなどであればセキュリティーソフトが自動的にメンテナンスを開始したりするもするが、使用中にやられるとついつい「キャンセル」のボタンを押してしまう物だ。結果として何週間、何ヶ月もメンテナンス無しのまま使い続けるという事も起こりうる。一方で業務用のPCや端末であれば、「使ってない時間」というのは明白に存在する訳で、その時間を用いて作業を行えばいい。とは言え一台一台起動して作業というのも数が多ければ簡単ではない。MDMサービスの中には端末とPCを一括で管理できる物も多く、こういったメンテナンスやスキャニングを一括、または個別に時間指定して行う事も可能なので、保守点検作業に管理者が立ち会う必要もない。http://ascentnet.co.jp/mdm-modem/

Komentarze (0) Więcej

海外での利用

admin, 06.08.2017

職種によっては活動範囲が「国内」にとどまらないというケースも存在する。海外出張時にMDMの管轄下を離れてしまうというケースはセキュリティー面での不安と同時に、多くの機能がロックされてしまえば仕事に大きな影響を与えてしまう。そのような職種であれば「海外対応」が可能なMDMサービスへの加入が必要となる。いわゆる「グローバル対応」と呼ばれる物だが、サービスによっては「国内限定」であったり「利用はできるが動作保証外」など様々な物が存在する。職種によって依存度が大きく異る部分だが、決して無視できない部分の一つでもある。海外出張が年に数回、数日というのであれば・・・覚悟を決めて端末を持ち歩かないという選択肢もあるが、盗難や紛失で大きな損失をもたらす可能性があるのは何も携帯端末に限った話ではなく、カバンの中の書類や資料もデジタルかアナログかの違いしか無く結局の所、重要度で言えば同じであるという事は忘れてはいけない。こちらで国内のMDM を紹介

Komentarze (0) Więcej