海外での利用

admin, 06.08.2017 , kategoria: 未分類

職種によっては活動範囲が「国内」にとどまらないというケースも存在する。海外出張時にMDMの管轄下を離れてしまうというケースはセキュリティー面での不安と同時に、多くの機能がロックされてしまえば仕事に大きな影響を与えてしまう。そのような職種であれば「海外対応」が可能なMDMサービスへの加入が必要となる。いわゆる「グローバル対応」と呼ばれる物だが、サービスによっては「国内限定」であったり「利用はできるが動作保証外」など様々な物が存在する。職種によって依存度が大きく異る部分だが、決して無視できない部分の一つでもある。海外出張が年に数回、数日というのであれば・・・覚悟を決めて端末を持ち歩かないという選択肢もあるが、盗難や紛失で大きな損失をもたらす可能性があるのは何も携帯端末に限った話ではなく、カバンの中の書類や資料もデジタルかアナログかの違いしか無く結局の所、重要度で言えば同じであるという事は忘れてはいけない。こちらで国内のMDM を紹介

Zostaw komentarz