学校側が求めるmdmのニーズとは?

admin, 25.08.2017 , kategoria: 未分類

企業でタブレット端末を導入する場合と、学校でタブレット端末を導入する場合では気を付けなければいけない点、課題点が若干異なる場合があります。例えば企業でタブレットを導入した場合、紛失、盗難による会社の機密情報が漏えいしてしまうのが一番の課題となります。そこでタブレットを紛失してしまった場合には遠隔での操作制限としてワイプやロック操作を行い、不正利用、顧客情報などの流失を未然に防ぐようにmdmで管理行います。また使用者がモバイルデバイスにインストールしたアプリケーションやデバイスの利用頻度などの情報を管理したり、収集したりすることもできます。
一方学校では、セキュリティ面はもちろんですが、教師など管理者が業務を効率よく進めることができるか?という点が1番の課題となります。タブレットを授業で必要する場合、アプリの追加やバージョンアップが必要になり、それにはwi-fi接続の設定が必要となります。このような基本的な設定をすべてmdmが行ってくれるかどうかがポイントとなります。
学校に配置されるmdm

Zostaw komentarz