利用者自身が電話1本でリモートワイプできるmdmツール

admin, 30.03.2018

企業で配布されているスマートフォンやタブレット端末を紛失したり、盗難されたりした時、誰でも焦ってしまうでしょう。紛失、盗難時には速やかに管理者に報告することで、その後の対策がスムーズに行われます。Mdmツールによって一元管理されていたスマートデバイス端末が紛失、盗難された時には、利用者自身は電話1本でリモートワイプ操作することができます。紛失に気付いた利用者は専用ダイヤルに電話をかけて、音声ガイダンスに沿って企業のID、個人のID、パスワードをプッシュするだけの簡単操作で自らでリモートワイプを行うことができます。リモートワイプすることでスマートフォンやタブレットなどのスマートデバイス端末内にあるデータを初期化し、アドレス帳、スケジュール、メール情報などの情報が外部に漏れ出ることはありません。さらに通話、通信ができないように回線を停止することも実行可能になっています。自らの連絡でリモートワイプ操作できるのは本当に便利ですね。参照URL

Komentarze (0) Więcej

悪質ウェブサイトへのフィルタリングが可能なmdm

admin, 20.03.2018

スマートフォン、タブレットなどのスマートデバイス端末は業務効率や授業の理解度を高めるためには欠かせないツールとなってきており、多くの企業や教育機関で導入が進められています。しかしスマートデバイス端末はメリットが多い反面、デメリットが多いという点も注意しなければなりません。そのデメリットをカバーするためにmdmツールによる一括管理が必要となってくるのです。Mdmツールを用いて、悪質なウェブサイトなどのフィルタリングでブロックする機能があります。
スマートフォンやタブレットなどのスマートデバイス端末を導入して問題となるのが、スマートデバイス端末の私的利用の問題です。そこでmdmツールでの管理によって、業務や授業中のネットの私的利用を制限して、情報漏えいのリスクや業務効率の低下を未然に防ぐことができるのです。
私的なスマートデバイス端末の利用は、ウイルス感染や不正アクセスなどのウェブの脅威にさらされてしまいます。MDM(Mobile Device Management)とは?

Komentarze (0) Więcej