教育現場でのmdm導入事例

admin, 20.04.2018

近年スマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末導入は、企業だけではなく、学校などの教育現場においても普及しています。学校で全教員へモバイルデバイス端末を導入する事例もあります。全教員や全生徒へモバイルデバイス端末を導入するとなると非常に大量の端末管理が必要になります。そこで大変になってくるのが管理です。
Mdmソリューションではモバイルデバイス端末の一括管理が可能であり、業務に支障をきたしません。教育現場でモバイルデバイス端末を導入する場合、それらの端末を管理するのは教職員になります。教職員は管理以外の業務も非常に多く、端末管理の知識が詳しくない人も多いです。仕事に支障を来さないためにもmdmツールによるモバイルデバイス端末の管理は重要になるのです。
Mdmを導入する以前は、多用の端末を一元管理できる端末管理の仕組みの整備や無線LANへの不正アクセスを防ぐ設定変更の自動化や効率化が課題となっていましたが、mdmを導入することによってこれらの課題が改善されます。参照URL

Komentarze (0) Więcej

VPPとは?

admin, 09.04.2018

スマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末を企業や教育機関で大量導入する場合、それらすべてのモバイルデバイス端末を管理、統括する必要があります。そのツールとして利用されているのがmdmです。
またVPPとはVolume Purchase Programの略であり、apple社が企業向け、教育機関向けに提供しているプログラムになります。
VPPを利用することで企業や学校はApp Storeで提供されているiOS向けアプリケーションをまとめて購入し、従業員、教職員、生徒などに配布することが可能です。
またVPPを利用することで、企業内、学校内で必要なApp Storeアプリケーションを担当者が管理し、端末ユーザーを利用されることもできるのです。
従来のVPPではアプリケーションをユーザーに配布した時に、専用コードをユーザーに譲渡する必要があったのですが、iOS以降に提供されたVPPの管理配布においては割り当てた使用権を回収して、別のユーザーへ割り当て直すこともできるのです。Volume Purchase Programとは

Komentarze (0) Więcej