VPPとは?

admin, 09.04.2018 , kategoria: 未分類

スマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末を企業や教育機関で大量導入する場合、それらすべてのモバイルデバイス端末を管理、統括する必要があります。そのツールとして利用されているのがmdmです。
またVPPとはVolume Purchase Programの略であり、apple社が企業向け、教育機関向けに提供しているプログラムになります。
VPPを利用することで企業や学校はApp Storeで提供されているiOS向けアプリケーションをまとめて購入し、従業員、教職員、生徒などに配布することが可能です。
またVPPを利用することで、企業内、学校内で必要なApp Storeアプリケーションを担当者が管理し、端末ユーザーを利用されることもできるのです。
従来のVPPではアプリケーションをユーザーに配布した時に、専用コードをユーザーに譲渡する必要があったのですが、iOS以降に提供されたVPPの管理配布においては割り当てた使用権を回収して、別のユーザーへ割り当て直すこともできるのです。Volume Purchase Programとは

Zostaw komentarz