byod導入事例では忍び型byodを防止できる

admin, 12.09.2018 , kategoria: 未分類

byodを導入する企業は現在非常に右肩上がりで増えており、今後さらにbyod導入事例は増えてくるでしょう。byodを導入した企業では、忍び型のbyodの防止ができると言われています。これまでbyodを認めていなかった企業では、シャドーbyodと呼ばれる忍び型byodが存在しました。これは企業ではbyodを認めていないものの、従業員が勝手に判断してbyodをしてしまっているということです。
私物のスマートフォンやタブレットで会社のメールを確認するという行為は、スマートフォンの設定を変えれば簡単に出来てしまうため、実際に忍び型byodをした経験がある方も多いかもしれません。
しかしbyodを従業員の判断で勝手に行っていると、もしも私物のスマートフォンやタブレットを紛失したり、盗難されたりした時に、そこから全ての情報が流出してしまう恐れがあるのです。
私物のモバイルデバイス端末はきちんとしたセキュリティ設定がされていない場合が多いため、機密情報や個人情報などが全て流出してしまう危険性が非常に高いのです。
そういう意味でも忍び型byodを防止できるというのは企業として大きなメリットになります。

Zostaw komentarz