bring your own device時の情報の取り扱い方

admin, 12.11.2018 , kategoria: 未分類

スマートフォンやタブレットなど従業員が私物で取り扱うモバイルデバイス端末を業務で使用するbring your own deviceは日本においても普及してきています。
bring your own deviceの際には、情報の保護方法、セキュリティ方法が非常に重要になります。スマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末に保存されている情報には、企業内の情報として留めるべきものと、一般向けに公開して問題ないものがあります。企業のチラシやカタログなどは業務に関わる情報になるものの、一般向けに公開されても特に問題はありません。
そのためそのような情報に関しては、情報漏えいのリスクに配慮をする必要はなく、従業員の裁量に運用を任せられます。一方、業務上のメールなどや顧客の個人情報などは外部への漏出が決して許されるものではありませんので、mdmなどでしっかりとセキュリティ対策を強化する必要があるでしょう。

Zostaw komentarz