モバイルデバイス端末のbyod導入と課題

admin, 22.12.2018

スマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末を業務で利用する目的は、メールチェック、スケジュールの確認、ファイルやウェブ閲覧などが中心です。
さらには基幹業務システムとの連携、Web会議、勤怠管理など幅広い用途で活用できるので、多くの企業でスマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末が導入されています。
スマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末の利用形態に関しても、以前とは変化が生じています。会社支給のモバイルデバイス端末利用が多かったのですが、近年ではbyodへの対応が増えています。
byodは課題が多いですが、メリットも多いので会社としては導入に踏み切るケースも多いです。利用形態の多様化に伴い、用途が増えることによって使用するアプリケーションの設定などの多様化も加速しつつあります。それらのモバイルデバイス端末に対応するシステム管理者側としては管理が大変になってきています。

Komentarze (0) Więcej

mdmとは欠かせないもの

admin, 12.12.2018

mdmとはスマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末を導入する際には必須となる管理ツールです。
スマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末の導入は今やあたり前の状況になっています。企業における業務利用目的で、モバイルデバイス端末の配布は勧められています。
企業においてスマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末の資産管理は、総務部などで行われるのが一般的でしたが、スマートフォンやパソコンなどと同等の機能を持ちつつ、外出先にも持ち運べるためセキュリティ対策をしっかりと強化する必要があります。
そこでmdmの出番です。
mdmはセキュリティリスクを緩和するため、情報システム部門で管理されるケースを全て一括管理、一括設定することができるのです。
セキュリティ強化、資産管理、利用制限などmdmによってそれぞれ機能が異なりますので、企業の目的にあったmdm選択が重要になります。

Komentarze (0) Więcej

働き方改革に必要不可欠なモバイルデバイスとmdmソリューション

admin, 02.12.2018

この時代、スマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末を業務で使用するのは当たり前になってきています。それに加えて日本政府が推進している働き方改革を行うためには、モバイルデバイス端末の業務での活用は非常に重要であり、必須条件になってきています。
スマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末があれば、会社にいなくても、外出先でも自宅においてもいつでもどこでも、場所や時間を気にせずに仕事を行うことができます。これによって在宅での仕事も可能であり、様々な働き方に対応できるようになるのです。
業務でモバイルデバイス端末を導入する場合には、導入したモバイルデバイス端末が円滑に利用できるようにmdmなどのソリューションでしっかりと管理をしていく必要があります。今後mdmソリューションの市場はおおきくなるでしょう。mdmソリューションは申し込めばすぐに利用可能なものもあります。クラウド環境で提供するmdmソリューションであれば、サーバーの準備は必要ありません。

Komentarze (0) Więcej