モバイルデバイス端末のbyod導入と課題

admin, 22.12.2018 , kategoria: 未分類

スマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末を業務で利用する目的は、メールチェック、スケジュールの確認、ファイルやウェブ閲覧などが中心です。
さらには基幹業務システムとの連携、Web会議、勤怠管理など幅広い用途で活用できるので、多くの企業でスマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末が導入されています。
スマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末の利用形態に関しても、以前とは変化が生じています。会社支給のモバイルデバイス端末利用が多かったのですが、近年ではbyodへの対応が増えています。
byodは課題が多いですが、メリットも多いので会社としては導入に踏み切るケースも多いです。利用形態の多様化に伴い、用途が増えることによって使用するアプリケーションの設定などの多様化も加速しつつあります。それらのモバイルデバイス端末に対応するシステム管理者側としては管理が大変になってきています。

Zostaw komentarz