byod導入時はmdmソリューション管理が必要

admin, 29.03.2019

日本企業の中には個人が所有するモバイルデバイス端末を業務で利用するbyodの導入を懸念する企業が多い潮流がありました。
しかしスマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末市場の拡大に伴い、多くの企業では業務にモバイルデバイス端末を導入するようになり、その中でbyodを取り入れる企業も増えてきています。
byodを導入することは、企業や従業員にとってマイナスではありません。むしろプラスになる部分が非常に多いのです。例えば企業のメリットとしてはスマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末を従業員用に支給する必要がなくなるため、初期導入にかかるコストを削減することができます。
初期導入にかかるコストを削減できれば、その分業績アップにもつながるでしょう。また従業員側としても使い慣れたモバイルデバイス端末を利用できるので使用時のわずらわしさがありません。
byodを導入する場合には、mdmソリューションでの管理が必要となります。

Komentarze (0) Więcej

mdmの特長と導入事例

admin, 19.03.2019

スマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末を遠隔操作で一括管理できるmdmの導入事例は近年急増しています。mdmの導入に際しては、それぞれ導入する企業や教育機関などの組織や自社に適した製品やサービスの選定を行う必要があります。自社に適したmdm製品の選定のためにはまずは、導入しているスマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末の特長を明確化しておく必要があるでしょう。
従来の携帯電話とは異なり、スマートフォンは電話機能だけではなく、ノートパソコンのような携帯性に優れたパソコン機能も有しています。そのため電話番号などの個人情報の他に、メールや保存ファイル、画像など社外秘となるデータをたくさん取り扱っているのです。スマートフォンの特長をよく熟知してmdmの必要性をしっかりと考えていきたいです。企業で契約している携帯電話、スマートフォンの数は1000万回線を優に超えています。
企業にとっては業務利用目的でモバイルデバイス端末の導入、mdm導入事例が増えています。

Komentarze (0) Więcej

法人向けのmdmサービス

admin, 09.03.2019

スマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末を一元管理するツールとして知られているのがmdmです。
スマートフォン、タブレットなどのモバイルデバイス端末の普及に伴い、mdm市場も拡大しつつあり、日本国内、国外にはいくつもmdmツールがあります。
mdmはWebブラウザによる管理画面を利用して、管理者がデータの通信の休止、再開、通信速度、通信料の制御、遠隔操作によるモバイルデバイス端末の設定変更、操作、持続機器の死活監視を行うことができます。
通信状況の監視や不正利用の防止などのセキュリティ機能も提供してくれるのです。
複数のスマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末を一括して管理できるので、大量のモバイルデバイス端末を業務で利用する企業などには欠かせません。
紛失・盗難時の情報漏えい対策だけではなく、モバイルデバイス端末の不正利用、端末情報の収集と管理の効率化にもつながります。

Komentarze (0) Więcej