byod導入時はmdmソリューション管理が必要

admin, 29.03.2019 , kategoria: 未分類

日本企業の中には個人が所有するモバイルデバイス端末を業務で利用するbyodの導入を懸念する企業が多い潮流がありました。
しかしスマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末市場の拡大に伴い、多くの企業では業務にモバイルデバイス端末を導入するようになり、その中でbyodを取り入れる企業も増えてきています。
byodを導入することは、企業や従業員にとってマイナスではありません。むしろプラスになる部分が非常に多いのです。例えば企業のメリットとしてはスマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末を従業員用に支給する必要がなくなるため、初期導入にかかるコストを削減することができます。
初期導入にかかるコストを削減できれば、その分業績アップにもつながるでしょう。また従業員側としても使い慣れたモバイルデバイス端末を利用できるので使用時のわずらわしさがありません。
byodを導入する場合には、mdmソリューションでの管理が必要となります。

Zostaw komentarz