教育現場でのmdm導入事例

admin, 20.04.2018

近年スマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末導入は、企業だけではなく、学校などの教育現場においても普及しています。学校で全教員へモバイルデバイス端末を導入する事例もあります。全教員や全生徒へモバイルデバイス端末を導入するとなると非常に大量の端末管理が必要になります。そこで大変になってくるのが管理です。
Mdmソリューションではモバイルデバイス端末の一括管理が可能であり、業務に支障をきたしません。教育現場でモバイルデバイス端末を導入する場合、それらの端末を管理するのは教職員になります。教職員は管理以外の業務も非常に多く、端末管理の知識が詳しくない人も多いです。仕事に支障を来さないためにもmdmツールによるモバイルデバイス端末の管理は重要になるのです。
Mdmを導入する以前は、多用の端末を一元管理できる端末管理の仕組みの整備や無線LANへの不正アクセスを防ぐ設定変更の自動化や効率化が課題となっていましたが、mdmを導入することによってこれらの課題が改善されます。参照URL

Komentarze (0) Więcej

VPPとは?

admin, 09.04.2018

スマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末を企業や教育機関で大量導入する場合、それらすべてのモバイルデバイス端末を管理、統括する必要があります。そのツールとして利用されているのがmdmです。
またVPPとはVolume Purchase Programの略であり、apple社が企業向け、教育機関向けに提供しているプログラムになります。
VPPを利用することで企業や学校はApp Storeで提供されているiOS向けアプリケーションをまとめて購入し、従業員、教職員、生徒などに配布することが可能です。
またVPPを利用することで、企業内、学校内で必要なApp Storeアプリケーションを担当者が管理し、端末ユーザーを利用されることもできるのです。
従来のVPPではアプリケーションをユーザーに配布した時に、専用コードをユーザーに譲渡する必要があったのですが、iOS以降に提供されたVPPの管理配布においては割り当てた使用権を回収して、別のユーザーへ割り当て直すこともできるのです。Volume Purchase Programとは

Komentarze (0) Więcej

利用者自身が電話1本でリモートワイプできるmdmツール

admin, 30.03.2018

企業で配布されているスマートフォンやタブレット端末を紛失したり、盗難されたりした時、誰でも焦ってしまうでしょう。紛失、盗難時には速やかに管理者に報告することで、その後の対策がスムーズに行われます。Mdmツールによって一元管理されていたスマートデバイス端末が紛失、盗難された時には、利用者自身は電話1本でリモートワイプ操作することができます。紛失に気付いた利用者は専用ダイヤルに電話をかけて、音声ガイダンスに沿って企業のID、個人のID、パスワードをプッシュするだけの簡単操作で自らでリモートワイプを行うことができます。リモートワイプすることでスマートフォンやタブレットなどのスマートデバイス端末内にあるデータを初期化し、アドレス帳、スケジュール、メール情報などの情報が外部に漏れ出ることはありません。さらに通話、通信ができないように回線を停止することも実行可能になっています。自らの連絡でリモートワイプ操作できるのは本当に便利ですね。参照URL

Komentarze (0) Więcej

悪質ウェブサイトへのフィルタリングが可能なmdm

admin, 20.03.2018

スマートフォン、タブレットなどのスマートデバイス端末は業務効率や授業の理解度を高めるためには欠かせないツールとなってきており、多くの企業や教育機関で導入が進められています。しかしスマートデバイス端末はメリットが多い反面、デメリットが多いという点も注意しなければなりません。そのデメリットをカバーするためにmdmツールによる一括管理が必要となってくるのです。Mdmツールを用いて、悪質なウェブサイトなどのフィルタリングでブロックする機能があります。
スマートフォンやタブレットなどのスマートデバイス端末を導入して問題となるのが、スマートデバイス端末の私的利用の問題です。そこでmdmツールでの管理によって、業務や授業中のネットの私的利用を制限して、情報漏えいのリスクや業務効率の低下を未然に防ぐことができるのです。
私的なスマートデバイス端末の利用は、ウイルス感染や不正アクセスなどのウェブの脅威にさらされてしまいます。MDM(Mobile Device Management)とは?

Komentarze (0) Więcej

ウェディング業界でも欠かせないスマートデバイス導入

admin, 27.02.2018

結婚式場などではお客様にウェディングプランを紹介するためにiPadなどのタブレット端末を利用しています。
提案内容について口で話をしても分かりづらい点がたくさんあります。そこでウェディング業界では具体的で多様なビジュアルを見てもらうことで、挙式、披露宴時のイメージをより膨らませてもらうことができるのです。
このタブレット端末の導入によってよりお客さんのニーズに応えることができるようになったと言われています。その反面、お客さんの個人情報を扱う端末になるため、タブレットなどのスマートデバイス端末のmdm導入は必須のものとなります。Mdm導入によるセキュリティ対策をきちんと行うことで企業として必要不可欠となっているのです。
特に結婚は一生に一度の大切なイベントになります。このイベントに関する情報を取り扱うため、紛失、情報漏えい対策は徹底しなければなりません。Mdmツールによる管理を行うことで、プロファイル削除防止機能による管理下からの離脱防止策、多彩なオプション機能などを組み合わせることで高いセキュリティ機能を保つことができます。参照URL

Komentarze (0) Więcej

mdm導入後のサポートについて

admin, 17.02.2018

Mdmツールを使ってスマートフォンやタブレットなどのスマートデバイス端末を一元管理しようとしている企業においては、mdmで管理が本当にうまくできるのか?管理方法は難しくないのか?などの不安を抱えている場合があります。
Mdmを提供するメーカーによっては、このような利用者の心配、不安を解消するためのサポートメニューが充実しているところも多いです。
Mdmは導入したといっても何から始めたらよいのかわからない…という声は非常に多いです。Mdmツールは導入したからとってすぐに万全の体制になるわけではありません。むしろmdmは導入後の活用が重要になってきます。
ユーザーの状況や理解度に合わせて、mdmツールの提供するメーカー側としては知識豊富なスタッフが、企業のmdm管理者講習をおこなったり、代行サービスをおこなったりすることでしっかりとサポートしてくれます。
このようなサポートメニューがついていることで、mdmに詳しい知識をもつものがいない企業であっても手軽にmdmを導入することができるでしょう。MDMの選び方のポイント

Komentarze (0) Więcej

mdm製品を選ぶ基準で大切なコスパ

admin, 07.02.2018

Mdmツールを提供する会社は日本国内だけでもいくつもあります。Mdm管理費用は、モバイルデバイス端末1台につき月額いくらと管理費用が決まっており、それにプラスして初期投資費用がかかる場合もあります。Mdmツールを導入するにあたり価格面も気になる点の1つですが、SaaS型サービスの場合mdmの価格は、多くは月額1端末あたり300円程度になります。一方初期費用はメーカーによってそれぞれ違いがあるので、価格面を重視してmdm製品を決めるのであれば初期費用はしっかりとチェックしておきたいですね。
さらにmdm製品によってオプションをつけることによって追加料金が発生する場合があります。危険探知、GPSを利用した位置確認などの機能がついたmdmの場合にはオプション料金が別途必要になる場合が多いです。
Mdm選びをする時にはコストパフォーマンスを考えて選ぶのは非常に重要です。マーケットシェアや導入実績がよいからといってmdmを選んでいると、コスパが悪く、企業としてマイナスの支出になってしまったということもあります。2014年国内主要13のモバイルデバイス管理(MDM)製品比較

Komentarze (0) Więcej

モバイルデバイス紛失に特化したmdm

admin, 05.11.2017

スマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイスを企業で導入するにあたって、一番のリスクとなるのが紛失、盗難です。紛失、盗難されてしまうと、そのモバイルデバイス端末に入っている情報が外部に漏れ出る危険性があります。企業の機密情報や個人情報などが流出する恐れもあるので、企業として大打撃を受けてしまいます。
モバイルデバイスの盗難、紛失リスクを少しでも軽減できるのがmdmツールです。Mdmツールの中にはパソコン紛失時のリカバリーサービスなどもあり、Windows端末向けのリモートワイプやリモートロックサービスなどもあります。遠隔ワイプ、遠隔ロックすることで、インベントリ収集に機能を絞ることが可能。Windows端末を紛失した時も、ハードディスク内全ての情報を遠隔で消去して、復元できない状態にすることができます。さらにmdmによっては管理者に変わって代行サービス(ワイプ操作)ができるところもあるのです。
ワイプ操作が充実していればモバイルデバイスの紛失、盗難の非常事態でも安心です。mdmとは

Komentarze (0) Więcej

業務効率アップできているかが明確にわかるmdm

admin, 26.10.2017

業務効率が上がることを見込んでmdmを導入したのに、その効果が良く分からない…と悩まれている管理担当者の方はいませんか?スマートフォンやタブレット端末を企業で導入する場合、莫大な経費を費やしているのでそれなりの業務効率化が見込めないと会社として損をしてしまいます。
スマートデバイス端末導入にあたって業務の効率化を図るためにはmdm管理が必須となるでしょう。業務効率が上がることを期待して、mdmを導入したのにその効果を把握できないというのは、どのようにスマートデバイスが利用されているのか、その利用状況を把握できていないことに要因があるのです。
Mdm製品の中には、スマートデバイス端末の1日の平均活用時間の他、アプリケーションの利用、通話、ウェブサイトへの実際にどのように使用されていたのかなどをアプリの活用状況から自動分析できるものもあります。
この機能があるmdmを選んでおけば導入目的に沿った使い方を促進することができ、投資対効果の把握にも貢献できるのです。MDM 「モバイルデバイス管理」 サービス – MoDeM

Komentarze (0) Więcej

複数サービスを導入するよりも機能豊富なmdmツールの方がよい

admin, 19.09.2017

Mdmツールの中にはスマートフォンやタブレット端末などのモバイルデバイスだけを管理する機能を持ち合わせた製品と、アプリケーションやコンテンツ管理ができる機能(mam機能、mcm機能)を兼ね備えたmdmツールがあります。
アプリケーションやコンテンツデータはすべてモバイルデバイス上に存在するものですので、mdm、mam、mcmの3つの機能を持つemm製品のように、mdm機能にプラスして他の機能が統合されたものを選ぶことで、できる機能がそれぞれ単体の時に比べて2倍、3倍と広がっていくのです。
またmdm管理ツールを導入した後に、mam機能やmcm機能を個別で導入すると、複数サービスを組み合わせることになり、それぞれのサービスごとに運用が必要となってしまい、運用負荷が大きくなってしまうというデメリットもあるのです。
1つのmdmサービスを管理の軸としておき、できるだけすべての機能を単一の管理画面から操作できるmdm製品が管理しやすいと言えるでしょう。
http://ascentnet.co.jp/mdm-modem/

Komentarze (0) Więcej