気を付けるべきシャドーbyod

admin, 16.02.2019

byodは個人が所有しているスマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末を業務で活用することをいいますが、そこには個人端末としての利用と、企業としてのモバイルデバイス端末の業務利用という線引きが絶対条件となります。そのため規定を作らずにbyodを黙認することはよいことではないので、mdmソリューションなどで個人所有のモバイルデバイス端末においても管理をする必要があります。mdmはモバイルデバイス端末管理ソリューションのことであり、byodに対応しているmdmも多いです。
普段使っているスマートフォンで仕事の資料をチェックしたいという時に、社員が個人のモバイルデバイス端末から業務の資料をダウンロードすることはbyodでは問題ありませんが、byodが認められていない企業においては問題となります。これを黙認してしまうとシャドーbyodの存在が増えてしまい、外部に機密情報が漏えいしてしまう危険性があるのです。

Komentarze (0) Więcej

mdm導入事例の急増

admin, 06.02.2019

mdmはモバイルデバイス端末管理ツールのことであり、企業でのmdm導入事例は拡大の一途をたどっています。企業でスマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末を導入する場合、大量のモバイルデバイス端末を一括して管理する必要があります。
モバイルデバイス端末を管理する上で重要になるは、それらのモバイルデバイス端末を効率よく、そして安全に使用することです。
そこで活躍するのがmdmツール。mdmはモバイルデバイス端末を一元管理でき、セキュリティ対策や資産管理、さらにはアプリケーションの管理まで行ってくれるソリューションなのです。
ただmdmのサービスプロバイダー、ソリューションベンダーのサービスはmdm製品固有の機能によって、全てを期待するものではなく、導入するスマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末の機種特性、ネットワーク接続環境によって利用できるセキュリティコントロールの機能が異なるものという認識は持っておくべきでしょう。

Komentarze (0) Więcej

モバイルデバイス端末導入数の増加に伴うmdm市場の拡大

admin, 24.01.2019

増え続けるサイバー攻撃に対して、何か対策をしなければ、企業としてスマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末を導入するのは非常に危険です。
サイバー攻撃が増えるだけではなく、それに伴って制約やコストも増え続けています。そこで企業としてmdmなどの簡単な1つのツールで、全てのモバイルデバイス端末の安全な環境を提供することができます。
mdmはコスパもよく、機能面も充実しているので、多くの企業ではモバイルデバイス端末を導入する際に、同時にmdmも導入するケースが多いです。つまりモバイルデバイス端末の導入が増えるということは、mdm市場が拡大することを意味します。
mdmではセキュリティ対策、IT資産管理、スマートデバイス管理、グローバル対応など様々な機能があります。見落としがちな脆弱性を見逃さない自動機能がついているmdmもあり、企業のセキュリティを強化、保護するためにmdmにはたくさんの機能が搭載されています。

Komentarze (0) Więcej

初期設定が圧倒的に早く済むApple DEP

admin, 14.01.2019

企業でも学校などの教育機関の施設でも、スマートフォンやタブレットなどの大量のモバイルデバイス端末を導入する時には、様々な問題、検討事項が浮彫になります。モバイルデバイス端末の利用用途は各企業や教育機関によって異なりますが、セキュリティの設定、モバイルデバイス端末の利用環境の情報、利用できるサプリケーションなど様々な運用を想定した設計をおこなう必要があるのです。
通常であればモバイルデバイス端末を購入してから、管理者はモバイルデバイス端末を一台ずつパソコンにつなげたり、mdmと認証したりすることで、必要な設定、アプリケーションの配信などを行っていきます。
しかしこの作業は時間と労力が非常に多く必要となり、面倒になってしまいます。それらの運用する上での面倒な手間を効率よく解決する1つの手段がApple DEPになります。Apple DEPを利用すれば、モバイルデバイス端末での設定を一切行う必要がありません。またユーザーがモバイルデバイス端末の電源を入れるだけで全ての設定を終わらせることができるなどのメリットが得られます。

Komentarze (0) Więcej

android、iOSの端末管理は業務効率アップにつながる

admin, 04.01.2019

業務で、android、iOSなどのスマートフォンやタブレットを利用したいけれど、社員にandroid、iOSなどのモバイルデバイス端末を配布すると業務外の利用が増えてしまいそうで心配…という企業担当者は多いでしょう。
しかしその心配を解消してくれるのがmdmソリューションです。mdmはモバイルデバイス端末管理ツールの略であり、モバイルデバイス端末を円滑にそして効率よく管理できるソリューションになります。
例えば社員が業務以外に、android、iOS端末を不正に使用しないようにモバイルデバイス端末自体に利用制限する設定を一括で管理してしまうこともできます。モバイルデバイス端末の初期導入から運用管理までに起こる様々な悩みや課題を解決してくれるのがmdmになるのでs。
mdmは必要な機能に関してはまとめて基本機能で提供されている製品が多いです。
また迷わずに簡単に使える管理サイトになっているので、管理者の管理負担も減ります。

Komentarze (0) Więcej

モバイルデバイス端末のbyod導入と課題

admin, 22.12.2018

スマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末を業務で利用する目的は、メールチェック、スケジュールの確認、ファイルやウェブ閲覧などが中心です。
さらには基幹業務システムとの連携、Web会議、勤怠管理など幅広い用途で活用できるので、多くの企業でスマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末が導入されています。
スマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末の利用形態に関しても、以前とは変化が生じています。会社支給のモバイルデバイス端末利用が多かったのですが、近年ではbyodへの対応が増えています。
byodは課題が多いですが、メリットも多いので会社としては導入に踏み切るケースも多いです。利用形態の多様化に伴い、用途が増えることによって使用するアプリケーションの設定などの多様化も加速しつつあります。それらのモバイルデバイス端末に対応するシステム管理者側としては管理が大変になってきています。

Komentarze (0) Więcej

mdmとは欠かせないもの

admin, 12.12.2018

mdmとはスマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末を導入する際には必須となる管理ツールです。
スマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末の導入は今やあたり前の状況になっています。企業における業務利用目的で、モバイルデバイス端末の配布は勧められています。
企業においてスマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末の資産管理は、総務部などで行われるのが一般的でしたが、スマートフォンやパソコンなどと同等の機能を持ちつつ、外出先にも持ち運べるためセキュリティ対策をしっかりと強化する必要があります。
そこでmdmの出番です。
mdmはセキュリティリスクを緩和するため、情報システム部門で管理されるケースを全て一括管理、一括設定することができるのです。
セキュリティ強化、資産管理、利用制限などmdmによってそれぞれ機能が異なりますので、企業の目的にあったmdm選択が重要になります。

Komentarze (0) Więcej

働き方改革に必要不可欠なモバイルデバイスとmdmソリューション

admin, 02.12.2018

この時代、スマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末を業務で使用するのは当たり前になってきています。それに加えて日本政府が推進している働き方改革を行うためには、モバイルデバイス端末の業務での活用は非常に重要であり、必須条件になってきています。
スマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末があれば、会社にいなくても、外出先でも自宅においてもいつでもどこでも、場所や時間を気にせずに仕事を行うことができます。これによって在宅での仕事も可能であり、様々な働き方に対応できるようになるのです。
業務でモバイルデバイス端末を導入する場合には、導入したモバイルデバイス端末が円滑に利用できるようにmdmなどのソリューションでしっかりと管理をしていく必要があります。今後mdmソリューションの市場はおおきくなるでしょう。mdmソリューションは申し込めばすぐに利用可能なものもあります。クラウド環境で提供するmdmソリューションであれば、サーバーの準備は必要ありません。

Komentarze (0) Więcej

重要なmdm機能比較

admin, 22.11.2018

mdmはスマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末を管理するためのソリューションツールになります。
このmdmはスマホやタブレットの普及に伴い、導入する企業や組織が増えており、このmdmツールによって管理されたモバイルデバイス端末は安全にそして効率よく業務で活用することができます。
それほどmdmは重要な管理ツールになっているのです。mdm製品を導入する場合、いくつかあるmdm製品を比較して、企業として求める目的にあったmdmを選ぶべきです。
mdmの基本的機能である端末管理機能には、デバイス制御機能もあります。例えばカメラ、スクリーンショット、Bluetooth、ワンセグなどのモバイルデバイス端末の機能は業務では使用する必要はありません。そのような機能の利用を制限することによって業務の支障を解消し、効率よく業務でモバイルデバイス端末が活用できるようにしてくれるのです。mdmの機能比較は重要です。

Komentarze (0) Więcej

bring your own device時の情報の取り扱い方

admin, 12.11.2018

スマートフォンやタブレットなど従業員が私物で取り扱うモバイルデバイス端末を業務で使用するbring your own deviceは日本においても普及してきています。
bring your own deviceの際には、情報の保護方法、セキュリティ方法が非常に重要になります。スマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末に保存されている情報には、企業内の情報として留めるべきものと、一般向けに公開して問題ないものがあります。企業のチラシやカタログなどは業務に関わる情報になるものの、一般向けに公開されても特に問題はありません。
そのためそのような情報に関しては、情報漏えいのリスクに配慮をする必要はなく、従業員の裁量に運用を任せられます。一方、業務上のメールなどや顧客の個人情報などは外部への漏出が決して許されるものではありませんので、mdmなどでしっかりとセキュリティ対策を強化する必要があるでしょう。

Komentarze (0) Więcej