スマートフォンのセキュリティ強化

admin, 11.08.2018

スマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末は業務で使用すると非常に便利です。効率よく業務を行うためには今やスマートフォンやタブレットなどの存在は欠かせません。
しかしモバイルデバイス端末は携帯性に優れているため、それがメリットでもあり紛失や盗難のリスクが高まるなどのデメリットにもつながるのです。
紛失した時の安心セキュリティ対策として欠かせないのがmdmです。mdmを導入することによって一括でモバイルデバイス端末を管理できるだけではなく、セルフリモートワイプなど遠隔操作でモバイルデバイ端末内の情報を把握することができ、紛失時にはデータの消去や初期化なども可能になっています。スマートフォンを紛失してしまうと、情報漏えいのリスクが高まります。
いつでもどこでも社内にいる時と同等のコミュニケーション環境が実現できるモバイルデバイス端末はセキュリティを強化する必要があります。その際にmdmは欠かせないのです。

Komentarze (0) Więcej

便利なVPPとは?

admin, 31.07.2018

mdmはモバイルデバイス管理ツールのことであり、スマートフォンやタブレットなどを企業や教育機関で一括して導入する時に、一元管理できるソリューションになります。
またVPPとは法人、教育機関がアプリケーションの購入・配布をするためのapple社が提供するビジネス向けのプログラムになります。VPPは企業や学校などでiPhoneやiPad、macなどのiOS端末のデバイス利用が増えている現状で、業務上で必要になるアプリケーションを利用する機会を増やしたことでアプリケーションの導入をより効率的に行うために提供されたプログラムになります。
VPPでアプリケーションを購入して、各ユーザーへと配布します。この配布したユーザーが退職や卒業などに伴い、モバイルデバイス端末の使用が必要亡くなった場合、VPPではアプリケーションの所有権をいったん回収して、別のユーザーが利用できるように設定することができます。そうすることでそのアプリケーションの所有者を簡単に差し替えることができるのです。

Komentarze (0) Więcej

mdmソリューションで何ができる?!

admin, 20.07.2018

企業でスマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末を活用する上で必須の管理ツールソリューションとなるのがmdmです。mdmはモバイルデバイス管理ツールのことであり、mdmの需要は急増しています。
効率的にスマートフォンやタブレットなど、企業で導入した大量のモバイルデバイス端末を管理するためには、mdmは必須のソリューションとなっています。
企業でモバイルデバイス端末を導入し、業務活用する際に最大の課題となるのが、端末内のデータ保護、端末・アプリの管理になります。
mdmソリューションでモバイルデバイス端末を管理することで、統一したポリシーの下に遠隔から複数のモバイルデバイス端末を一元管理することが可能です。mdmソリューションによって搭載する機能は多岐にわたりますが、スマートデバイスの業務活用における課題に照らし合わせて様々な機能を活用できます。その機能は紛失・盗難の情報漏えい対策、不正利用の防止対策、端末情報の収集とポリシー一斉適用による管理の効率化などがあります。

Komentarze (0) Więcej

mdm製品はどこを比較するべき?

admin, 10.07.2018

mdmでおこなえる管理機能はたくさんあります。また企業によってmdmに求める機能は異なります。そこでmdm製品を比較する時には、企業としてどのようなmdmの機能を求めているのか?モバイルデバイス端末の何を管理したいのか?を明確にしてみるとよいでしょう。
mdmの管理機能としてはアプリのインストール制限や、紛失、盗難時のリモートロック、リモートワイプ機能、GPS機能、操作履歴の確認、アップデートの強制的実行、アプリの消去制限など様々です。
mdmの基本的機能としてはセキュリティ対策と、資産管理になります。
mdmの基本的機能は製品によってそれほど違いはありませんので、それ以外の点でmdmの比較を行うのがよいでしょう。
比較するポイントとしては、管理画面の各種レポートの充実度、メーカーの信頼性とサポートの充実度、稼働確認のための通信間隔、パソコン管理との統合性、価格などです。これらを比較することでその企業にあった
mdmを選ぶことができるでしょう。

Komentarze (0) Więcej

モバイルデバイス導入に欠かせないmdmのリモートワイプ

admin, 29.06.2018

企業でスマートフォンやタブレット端末などを導入するケースは増えています。
いつでもどこでも業務できるモバイルデバイス端末を導入することによって、企業としては業務効率が断然はかどります。
しかしその反面、セキュリティ面での強化が必要になるなど、モバイルデバイス端末を導入するにあたり見えてくる課題はたくさんあります。
モバイルデバイス端末の管理強化としておすすめしたいのがmdmです。mdmツールを用いることによって、スマホやタブレットなどのモバイルデバイス端末を円滑に管理することができるようになります。モバイルデバイス端末を管理するツールをmdmと呼びますが、このmdmにはたくさんのセキュリティ対策機能があります。
その1つがリモートワイプです。リモートワイプは遠隔操作でモバイルデバイス端末内の情報を消去できる操作機能になります。
この機能が付いていることで、モバイルデバイス端末の紛失・盗難の際セキュリティ対策になります。

Komentarze (0) Więcej

スマートフォンセキュリティに欠かせないmdm製品の選定基準

admin, 18.06.2018

スマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末のセキュリティ保護のために欠かせない管理ツールと言えばmdmです。
mdmはそれぞれの製品によって機能にも違いがあるため、企業でどの点を重視したセキュリティ保護をしたいのかどうかをよく考えて、その企業が求めている機能があるmdm製品を選ぶ必要があります。
mdm製品を比較する前には具体的な比較基準を決めておくとよいでしょう。
mdm製品の比較基準を決めておくことで、自社のネットワーク、モバイルデバイス端末管理に必要な水準のパフォーマンスを発揮してくれるmdm製品なのかどうかがすぐに判断できるでしょう。
比較基準として一般的なのは、導入形態はどうなのか?アプリケーションのセキュリティ確保はできるのか?コンテナ化と非コンテナ化、ライセンスモデル、ポリシー管理などです。
企業が最適なmdm製品を選択するのは非常に難しいです。
mdm製品を導入する前には、その製品の基準を比較してみるとよいでしょう。

Komentarze (0) Więcej

mdmの導入目的とは?

admin, 08.06.2018

一般的なmdmの導入目的を皆さんご存知でしょうか?
mdmを導入する場合、企業としては何等かの目的があってmdmを導入しています。
mdm導入の理由や目的は各企業によって異なりますが、資産管理の側面からモバイルデバイス端末種類、iPhoneやandroidなどOS種別、利用アプリケーション種別などを管理したい場合にも利用されます。
その他、企業のセキュリティポリシーに基づいたモバイルデバイス端末設定を徹底したいという人もいるでしょう。
ただその確認のため、モバイルデバイス端末の状態、使用状況、使用者の数を把握することができます。その他、モバイルデバイス端末の紛失、盗難時に、企業としてそれらの情報が第三者に漏れ出ないようにするためにしなければなりません。
またマルウェアが感染していた場合、企業として保護すべき情報が端末から漏えいするでしょう。
mdmを利用する目的としては、モバイルデバイス端末のデータ資産を適切に保護、保全などが多いようです。

Komentarze (0) Więcej

byod導入によるmdmソリューションでの管理

admin, 28.05.2018

byodソリューションをセキュアに業務で活用するにはどうすればよいでしょうか?
企業でモバイルデバイス端末導入を一括導入する場合、会社が支給したモバイルデバイス端末を利用する方法と、個人が所有しているモバイルデバイス端末を利用する方法があります。
社員が個人所有のモバイルデバイス端末を業務で使用することをbyodと言います。
このbyodソリューションを利用する場合、安全に仕事で使用できるようにしなければなりません。
個人所有のモバイルデバイス端末の業務利用=byodはあたり前のこととなってきており、IT部門にとってはアプリやモバイルデバイス管理は課題となっています。
デバイスを自由に利用できるbyodは、企業データをセキュリティ上のリスクにさらす可能性もあるので注意しなければなりません。
byodを企業で導入する場合には、モバイルデバイス端末を一元管理できるmdmソリューションによる管理が重要になってきます。

Komentarze (0) Więcej

子供たちの興味を高めるタブレット端末による学習

admin, 18.05.2018

教育現場ではタブレット端末の導入が進められています。タブレット端末を生徒1人に1台支給するとなると、学校単位で考えた時に、大量のタブレット端末を管理、運営する必要があります。その時に役立つのがmdmです。
mdmツールを使って大量のタブレット端末を一括管理することで、子供たちの利用時間に合わせたポリシー設定をすることができます。
子供たちの興味、関心を授業に惹きつけることができると言われているタブレット端末は、授業の効率化をアップさせ、授業の理解度、興味関心度を高めることができる素晴らしいツールです。。しかしその反面、タブレットの使い方によっては、子供たちの集中力を低下させてしまう恐れもあるのです。そこでmdmでは時間帯によって異なるポリシーをタブレットに設定する機能があります。
例えば就学時間はブラウザ、Appストアなどの利用を制限して、就学時間が終わればその制限を解除して、調べ学習などにタブレット端末を活用することもできるのです。
このように時間によって設定を変えてあげることでよりタブレット端末をよりよく使える学習ツールにすることができるのです。

Komentarze (0) Więcej

文教市場でのmdm

admin, 08.05.2018

大手mdmソリューションを開発する日本のmdmメーカーは非常に人気があります。
特に文教市場と、通常の企業などで用いる業務の市場とは若干異なります。
この文教市場のmdmマーケットシェアが40%を超えるのが、Optimal Bizです。
Optimal Bizは文教市場の約40%を占めると言われてるほど、大手のmdmメーカーと言えるでしょう。
教育現場においても企業と同じようにスマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末を用いた授業が行われるようになってきています。
このモバイルデバイス端末導入によるメリットは、学習能力の向上や教師の負担を減らすという点があります。
教育の情報化はひましに加速していっていることをご存じですか?
この官民一体ですすめる教育事業の施策動向を踏まえながら、学習をサポートするような機能、システムやタブレット活用には欠かせないセキュリティシステムまで幅広く取り揃っています。

Komentarze (0) Więcej