働き方改革に必要不可欠なモバイルデバイスとmdmソリューション

admin, 02.12.2018

この時代、スマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末を業務で使用するのは当たり前になってきています。それに加えて日本政府が推進している働き方改革を行うためには、モバイルデバイス端末の業務での活用は非常に重要であり、必須条件になってきています。
スマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末があれば、会社にいなくても、外出先でも自宅においてもいつでもどこでも、場所や時間を気にせずに仕事を行うことができます。これによって在宅での仕事も可能であり、様々な働き方に対応できるようになるのです。
業務でモバイルデバイス端末を導入する場合には、導入したモバイルデバイス端末が円滑に利用できるようにmdmなどのソリューションでしっかりと管理をしていく必要があります。今後mdmソリューションの市場はおおきくなるでしょう。mdmソリューションは申し込めばすぐに利用可能なものもあります。クラウド環境で提供するmdmソリューションであれば、サーバーの準備は必要ありません。

Komentarze (0) Więcej

重要なmdm機能比較

admin, 22.11.2018

mdmはスマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末を管理するためのソリューションツールになります。
このmdmはスマホやタブレットの普及に伴い、導入する企業や組織が増えており、このmdmツールによって管理されたモバイルデバイス端末は安全にそして効率よく業務で活用することができます。
それほどmdmは重要な管理ツールになっているのです。mdm製品を導入する場合、いくつかあるmdm製品を比較して、企業として求める目的にあったmdmを選ぶべきです。
mdmの基本的機能である端末管理機能には、デバイス制御機能もあります。例えばカメラ、スクリーンショット、Bluetooth、ワンセグなどのモバイルデバイス端末の機能は業務では使用する必要はありません。そのような機能の利用を制限することによって業務の支障を解消し、効率よく業務でモバイルデバイス端末が活用できるようにしてくれるのです。mdmの機能比較は重要です。

Komentarze (0) Więcej

bring your own device時の情報の取り扱い方

admin, 12.11.2018

スマートフォンやタブレットなど従業員が私物で取り扱うモバイルデバイス端末を業務で使用するbring your own deviceは日本においても普及してきています。
bring your own deviceの際には、情報の保護方法、セキュリティ方法が非常に重要になります。スマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末に保存されている情報には、企業内の情報として留めるべきものと、一般向けに公開して問題ないものがあります。企業のチラシやカタログなどは業務に関わる情報になるものの、一般向けに公開されても特に問題はありません。
そのためそのような情報に関しては、情報漏えいのリスクに配慮をする必要はなく、従業員の裁量に運用を任せられます。一方、業務上のメールなどや顧客の個人情報などは外部への漏出が決して許されるものではありませんので、mdmなどでしっかりとセキュリティ対策を強化する必要があるでしょう。

Komentarze (0) Więcej

進化するmdmソリューション

admin, 02.11.2018

mdmソリューションはスマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末を円滑に管理するためには欠かせない管理ツールになります。mdm製品を導入運用するにあたり、気を付けておきたいこと、配慮するべき事はたくさんありますが、きちんと導入し、管理が行えればmdmは非常に有益なソリューションとなります。
ビジネスユーザーにとって業務利用の効率性を高めること、利便性を向上させることは非常に大切であり、その2点においてスマートフォンやタブレットなどの導入は非常に重要になってきます。
スマートフォンに対するmdm利用においても要求に応じてシステムを企画したり、導入、運営をおこなったりします。
企業のポリシーにマッチした適切な管理コントロールを適切な時期に、適切なコストで提供してくれるmdmが求められます。技術的にも環境的にも変化が激しいスマートフォンなのでmdmソリューションも常に進化しなければなりません。

Komentarze (0) Więcej

Apple DEPとは?

admin, 02.10.2018

Apple DEPはapple社が提供するプログラムサービスのことです。
Apple DEPではappleのプログラムとサービスがiOSデバイスとコンテンツの管理を簡単にしてくれます。
つまりApple DEPはビジネス向けのappleプログラムなのです。
Apple DEPはApple Developer Enterprise Programの略であり、iOSアプリケーションの開発を始めるために必要な全てのツールと技術関連情報が手に入ります。
Apple DEPを利用することで、独自の社内iOSアプリケーションに署名して支給することができ、開発したアプリケーションを社内ポータルやmdmを使って社内に配布できるようになります。証明書を作成してそれの対応するファイルを取得すれば、全ての社内アプリケーションの管理必要な権限を持つことができるのです。さらに社員のデバイスからアプリケーションを無効にする作業も行えます。

Komentarze (0) Więcej

mdmソリューションの競争の激化

admin, 22.09.2018

mdm製品を提供するベンダーは日本国内だけでもたくさんあります。近年、mdmソリューションはモバイルデバイス端末だけの管理にとどまらず、モバイルアプリケーション管理のmamや、モバイルコンテンツ管理のmcmのニーズが高まっていることから、mdm、mcm、mamの機能を全て備えているemmと呼ばれる管理ソリューションを提供する企業も増えています。
このemmはエンタープライズモビリティ管理のことであり、スマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末を総括して管理、活用することができます。
またmdm製品を提供する企業によっては、他のメーカーとの差別化を図るために、そのmdm製品独自の機能を提供するなどの動きも見られています。
多数のmdm製品が登場して、競争が激化しているので、生き残りをかけてmdm製品にも違いが出てきているのです。mdmを導入する企業側としても、しっかりとmdmソリューションの選別をする必要があるでしょう。

Komentarze (0) Więcej

byod導入事例では忍び型byodを防止できる

admin, 12.09.2018

byodを導入する企業は現在非常に右肩上がりで増えており、今後さらにbyod導入事例は増えてくるでしょう。byodを導入した企業では、忍び型のbyodの防止ができると言われています。これまでbyodを認めていなかった企業では、シャドーbyodと呼ばれる忍び型byodが存在しました。これは企業ではbyodを認めていないものの、従業員が勝手に判断してbyodをしてしまっているということです。
私物のスマートフォンやタブレットで会社のメールを確認するという行為は、スマートフォンの設定を変えれば簡単に出来てしまうため、実際に忍び型byodをした経験がある方も多いかもしれません。
しかしbyodを従業員の判断で勝手に行っていると、もしも私物のスマートフォンやタブレットを紛失したり、盗難されたりした時に、そこから全ての情報が流出してしまう恐れがあるのです。
私物のモバイルデバイス端末はきちんとしたセキュリティ設定がされていない場合が多いため、機密情報や個人情報などが全て流出してしまう危険性が非常に高いのです。
そういう意味でも忍び型byodを防止できるというのは企業として大きなメリットになります。

Komentarze (0) Więcej

大量のマルチデバイス端末管理を可能にしたmdm

admin, 01.09.2018

スマートフォンやタブレットを個人で使用する時と違い、企業でスマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末を導入した場合、一括した管理を行うことが重要です。
きちんと管理できず、不正利用されたり、盗難されて情報が流出されたりしていては、せっかく業務効率アップを図るために導入されたモバイルデバイス端末のせいで台無しになってしまう…ということにもなりかねません。
そこでまとめて導入されたスマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末の一括管理は、mdmにお任せするとよいでしょう。
mdmとはmobile device managemetのことであり、iPhone、iPad、android、Windowsなど様々なマルチキャリアに対応しているデバイス管理ツールになるのです。
このmdmを導入することで健全にそして、安全に会社の電話やメールを使うことができます。
新しいモバイルデバイス端末を管理する時にはmdmが欠かせません。

Komentarze (0) Więcej

広がる教育現場でのICT活用

admin, 22.08.2018

企業でのスマートフォンやタブレットの導入は一般的になってきていますが、教育現場においてもタブレットなどのモバイルデバイス端末を利用した学習活動が進められています。特に小学校や中学校などの義務教育機関においてもICTを活用した授業が頻繁に行われています。
このモバイルデバイス端末を導入した授業は子供たちにとってもこれまでにない新しい学習経験になります。今後さらに世界は情報コミュニケーション技術は進化していくため、その資質を養うためにも教育現場でのモバイルデバイス端末の活用は必須となっていくでしょう。
しかしタブレットなどを授業で使用する場合、そのまま生徒に渡してしまったら学習の阻害となります。そこで大量のタブレット端末はWebフィルタリング機能やアプリ起動禁止機能などによって利用環境を整備する必要があります。教育機関においてタブレットなどのモバイルデバイス端末を導入する場合、あらかじめ利用環境を整備することが重要になってきます。
そのためにはmdmは欠かせない管理ツールとなるでしょう。教育現場でのモバイルデバイス端末導入は、mdm導入が必須となります。

Komentarze (0) Więcej

スマートフォンのセキュリティ強化

admin, 11.08.2018

スマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末は業務で使用すると非常に便利です。効率よく業務を行うためには今やスマートフォンやタブレットなどの存在は欠かせません。
しかしモバイルデバイス端末は携帯性に優れているため、それがメリットでもあり紛失や盗難のリスクが高まるなどのデメリットにもつながるのです。
紛失した時の安心セキュリティ対策として欠かせないのがmdmです。mdmを導入することによって一括でモバイルデバイス端末を管理できるだけではなく、セルフリモートワイプなど遠隔操作でモバイルデバイ端末内の情報を把握することができ、紛失時にはデータの消去や初期化なども可能になっています。スマートフォンを紛失してしまうと、情報漏えいのリスクが高まります。
いつでもどこでも社内にいる時と同等のコミュニケーション環境が実現できるモバイルデバイス端末はセキュリティを強化する必要があります。その際にmdmは欠かせないのです。

Komentarze (0) Więcej