マルウェア対策

admin, 15.08.2017

コンピューターを個人的または仕事で用いる場合において避けられない作業の一つにメンテナンスが存在する。システム周りの不備やウイルスの存在をスキャンし、常に安定した環境を維持する為にも定期的なメンテナンスは不可欠と言える。小さなパソコンとも形容されるスマホにおいても同じ事が言えるのだが、このメンテナンスも地味に面倒くさい。個人用のPCなどであればセキュリティーソフトが自動的にメンテナンスを開始したりするもするが、使用中にやられるとついつい「キャンセル」のボタンを押してしまう物だ。結果として何週間、何ヶ月もメンテナンス無しのまま使い続けるという事も起こりうる。一方で業務用のPCや端末であれば、「使ってない時間」というのは明白に存在する訳で、その時間を用いて作業を行えばいい。とは言え一台一台起動して作業というのも数が多ければ簡単ではない。MDMサービスの中には端末とPCを一括で管理できる物も多く、こういったメンテナンスやスキャニングを一括、または個別に時間指定して行う事も可能なので、保守点検作業に管理者が立ち会う必要もない。http://ascentnet.co.jp/mdm-modem/

Komentarze (0) Więcej

海外での利用

admin, 06.08.2017

職種によっては活動範囲が「国内」にとどまらないというケースも存在する。海外出張時にMDMの管轄下を離れてしまうというケースはセキュリティー面での不安と同時に、多くの機能がロックされてしまえば仕事に大きな影響を与えてしまう。そのような職種であれば「海外対応」が可能なMDMサービスへの加入が必要となる。いわゆる「グローバル対応」と呼ばれる物だが、サービスによっては「国内限定」であったり「利用はできるが動作保証外」など様々な物が存在する。職種によって依存度が大きく異る部分だが、決して無視できない部分の一つでもある。海外出張が年に数回、数日というのであれば・・・覚悟を決めて端末を持ち歩かないという選択肢もあるが、盗難や紛失で大きな損失をもたらす可能性があるのは何も携帯端末に限った話ではなく、カバンの中の書類や資料もデジタルかアナログかの違いしか無く結局の所、重要度で言えば同じであるという事は忘れてはいけない。こちらで国内のMDM を紹介

Komentarze (0) Więcej

ヘビーユースのmdm機能とは?!

admin, 28.07.2017

Mdm管理機能サービスと言っても様々な機能があります。企業や学校などでスマートフォンやタブレット端末などのモバイルデバイスを導入する場合、mdm機能によって一括管理できるようにして導入する必要があります。このmdm機能は利用するメーカーのプランによって、使用できる機能が異なります。例えば携帯電話の延長線としてスマートフォンを使用する場合、ライトユースのmdm機能で十分ですが、業務システム連携や業務に特化したmdm機能が必要になる場合、ヘビーユースの機能が必要になってきます。ヘビーユースのmdm機能ではコンテンツ管理、コンテンツ活用、VPNアクセス管理や活用、アプリケーション管理活用などを行うことができます。またマルチOS、マルチキャリア、マルチデバイスに対応しているので様々なモバイルデバイスでmdm機能を利用することができるのです。
豊富なメニュー体系ではあるものの、必要な機能だけを利用することができるのでモバイルデバイス自体の操作が難しくなるということはありません。
mdmでできる基本情報をお届けします。

Komentarze (0) Więcej

モバイルデバイスのデメリットにも対応できるmdm

admin, 19.07.2017

Mdmはモバイルデバイスの略であり、リモートで複数のタブレットやスマートフォンの管理を行います。近年スマホやタブレットの普及に伴い、業務用との端末としてスマートフォンやタブレットを仕事で使う企業が増えています。例えば企業や仕事でタブレットやスマートフォンなどのモバイルデバイスを利用した場合、顧客の個人情報などのデータがその中に存在することがあるでしょう。
このデータが漏えいしてしまうと、企業の信頼をなくしてしまったり、金銭的にも大きな被害、負担がかかってしまったりする可能性があります。
さらに持ち運びしやすいスマホやタブレットの場合、モバイル端末であるという点でも紛失、盗難の可能性が多いにあるのです。そこでそれらのリスクを解消するためにmdmを利用するのです。Mdmは業務に使用しているスマホ、タブレットを一括でまとめ管理ができるソリューションであり、スマホやタブレットなどの端末が悪用されないようにロックやデータ消去などを行っていきます。
MDMのリモートロックとワイプについて

Komentarze (0) Więcej

mdmサービスの選び方とは?

admin, 09.07.2017

“mdmサービスを提供するメーカーは日本だけでもたくさんあり、その数は数十社は超えているでしょう。Mdm管理機能の違いをメーカーごとに比較してみると、どのメーカーにおいてもほとんど同じ機能が搭載されており、管理機能という面では横並び状態と言えるでしょう。
しかしmdm機能以外にも管理画面の使いやすさ、サポート体制の充実さ、mdm機能以外の付加機能などでメーカーごとに特色が出ていて違いがあるので、その点を考慮してmdmサービスを選んでいくとよいでしょう。mdmサービスのほとんどは試しに使ってみることができるものばかりなので、複数のmdm製品を使ってみて実際使いやすいかどうかなどを確認してみるとよいでしょう。導入にはある程度まとまった費用がかかるので、mdmサービスを選ぶ時にはしっかりと厳選することをおすすめします。
また価格面も各メーカーによって若干の違いがあります。サポート体制が充実していて、何かあった時のバックアップ体制が整えられているメーカーを選んだ方が安心です。
“”MDM 「モバイルデバイス管理」 サービス – MoDeM
MDM基本機能
MDM 「モバイルデバイス管理」 サービス – MoDeM
mdmはこちら
http://ascentnet.co.jp/mdm-modem/
mdm情報
mdm

Komentarze (0) Więcej

端末選び

admin, 30.06.2017

社用のスマホとなると、普通に考えて導入時は一括で大量に購入する。同一機種で統一する方がmdmの導入に関しても不具合が出にくい、と言うか「対応機種」に合わせての準備となる。アンドロイド端末の場合は機種ごとにOSが独自仕様となっている事も多く、機種に関しては事前に確認する必要がある。問題は「導入後」の話。数年後となれば、壊れる事もあるだろう。正常に使えていても、バッテリーの寿命は意外と早い。加えてスマホ自体の進化速度も早い。性能が良くなるだけなら見過ごす事もできるが、思いもよらぬ「新機能」の搭載が一気に常識化したり、OS自体のバージョンアップに対応できなくなった時点で一気に「時代遅れ」「型落ち」のレッテルを貼られ、最新のアプリ事情から隔離される事になる。これは個人使用のスマホでは重篤な危機であるが、業務用となると話は別だ。元々mdm管理下で機能を制限することも多い。そういう意味ではいわゆる「格安スマホ」などと呼ばれる「型落ち」の新品を安価に購入するのでも十分であったりする。問題はバッテリーの方だ。生産が終了していてはバッテリーだけ交換ともいかなくなる。mdm情報

Komentarze (0) Więcej

Mdmではポリシーが鍵

admin, 20.06.2017

みなさまこんにちはmdmで重要な機能といえばポリシーですよね。ポリシーっていうのは携帯の端末設定を管理しやすいように変更する機能です。
正直行ってmdmってこの機能のためにあると行っても過言ではないです。他のは全ていらないくらい大事です。
例えば、どのmdmでもポリシー設定というのがあり、初期はほとんど同じです。しかし設定項目は多く、チームごとに設定したい場合などのために大量にポリシーを設定して管理画面上にとどめておくことができます。
また、通常のポリシーでなく特別なことをしたい場合には、appleの機能を使って独自のプロファイルを作成することができます。
このポリシーが充実していてわかりやすいものがmdmとしてのクオリティーが高いものです。そこの見極めをすることがmdmを導入するときにとても重要ですよ!とにかくmdmの管理画面をトライアルで触って見て試していくことが重要です。MDM modem

Komentarze (0) Więcej

問い合わせフォームの改革

admin, 11.06.2017

CRMといった顧客情報を管理するツールの一つに問い合わせフォームがあります。客が問い合わせをしたくなると、その会社のサイト内の問い合わせフォームにメアドや氏名、電話番号等を入力し、質問したいことを書きますよね。

会社としては、客の情報、客がどのようなものを必要としているのかを同時に手に入れることができるため、大変重要なツールに位置付けされることになります。この問い合わせフォームなんですが、ただ設置すれば良いというのではなくて、客を顧客へと導くための作り方というものがあるそうなんです。

入力項目が多すぎたり、入力の補助機能が無かったり、エラー画面が出るとまた最初からやり直しとか・・。これ、多くの人が経験していると思います。こうなると、「も~、やーめた!」となりますよね^^

あるコラムでは、問い合わせフォームとは会社の客に対する姿勢が見える場所、と書かれていました。思い当たる会社さん!すぐに改革を始めましょう^^

Komentarze (0) Więcej

法人のスマートフォンゲットで晴れて2台持ち!

admin, 11.06.2017

みなさまこんにちは。私もついにモバイルデバイスを2台持ちです!まあ一つは会社で使う用でmdmで管理されてるからあんまり遊びとかで使えないのですが。。。
ただ2台持ちだと非常に便利です。例えば、電車とか2ルートを同時に調べて比べることができて比較しやすいですよ。
あとラインも2つアカウントを持っています!(だからと言ってどうということはない)
一方は管理されたデバイスですけど、何か違いがあるってわけではないです。持たされた時はちょっと怖いなーって思ったりもしましたがどうやら問題が起こらない限りあまりきにする必要もないようですね!(調べました。)
また、私はiphoneユーザなのですが、android端末を携帯で支給されているのでどっちも比べて使えるのは楽しいです!会社の携帯だからといって毛嫌いしていたのが間違いでした。
今度は、パソコンを支給してくれないかなーなんて考えちゃっていますw。
mdmとは

Komentarze (0) Więcej

特徴の違うSFA

admin, 25.05.2017

一言でSFAといっても、それぞれのシステムによって機能や性能、価格など特徴が違ってきます。例えば『ALL-IN』というシステムは、SFAと グループウェア機能が一つになっているので、カレンダーに営業で発生したタスクを表示させたりメールに通知がくるように設定できるんですよ。多くの案件を営業担当者個人が抱えているケースや、顧客や見込客に対してスピーディな対応が求められている営業チームに適したSFAといえるでしょう。また『GRIDY SFA』は、簡単に営業報告を行えるようになっており、顧客情報と営業活動を記録しておくだけで、それらを分析し、営業プロセスを見える化できるそう。商談・担当者・営業報告・スケジュールなどという顧客企業に関連するすべての情報を一覧表示することで次の一手が見付けやすくなります。この他にも『ZOHO CRM』というシステムは、メール分析機能とWebサイトの訪問追跡で、顧客の行動からニーズを分析できる顧客管理に優れたSFAです。導入する際は、それぞれの特徴を把握して、自社に合うSFAを選びましょう。

Komentarze (0) Więcej