スマートフォンセキュリティに欠かせないmdm製品の選定基準

admin, 18.06.2018

スマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末のセキュリティ保護のために欠かせない管理ツールと言えばmdmです。
mdmはそれぞれの製品によって機能にも違いがあるため、企業でどの点を重視したセキュリティ保護をしたいのかどうかをよく考えて、その企業が求めている機能があるmdm製品を選ぶ必要があります。
mdm製品を比較する前には具体的な比較基準を決めておくとよいでしょう。
mdm製品の比較基準を決めておくことで、自社のネットワーク、モバイルデバイス端末管理に必要な水準のパフォーマンスを発揮してくれるmdm製品なのかどうかがすぐに判断できるでしょう。
比較基準として一般的なのは、導入形態はどうなのか?アプリケーションのセキュリティ確保はできるのか?コンテナ化と非コンテナ化、ライセンスモデル、ポリシー管理などです。
企業が最適なmdm製品を選択するのは非常に難しいです。
mdm製品を導入する前には、その製品の基準を比較してみるとよいでしょう。

Komentarze (0) Więcej

mdmの導入目的とは?

admin, 08.06.2018

一般的なmdmの導入目的を皆さんご存知でしょうか?
mdmを導入する場合、企業としては何等かの目的があってmdmを導入しています。
mdm導入の理由や目的は各企業によって異なりますが、資産管理の側面からモバイルデバイス端末種類、iPhoneやandroidなどOS種別、利用アプリケーション種別などを管理したい場合にも利用されます。
その他、企業のセキュリティポリシーに基づいたモバイルデバイス端末設定を徹底したいという人もいるでしょう。
ただその確認のため、モバイルデバイス端末の状態、使用状況、使用者の数を把握することができます。その他、モバイルデバイス端末の紛失、盗難時に、企業としてそれらの情報が第三者に漏れ出ないようにするためにしなければなりません。
またマルウェアが感染していた場合、企業として保護すべき情報が端末から漏えいするでしょう。
mdmを利用する目的としては、モバイルデバイス端末のデータ資産を適切に保護、保全などが多いようです。

Komentarze (0) Więcej

byod導入によるmdmソリューションでの管理

admin, 28.05.2018

byodソリューションをセキュアに業務で活用するにはどうすればよいでしょうか?
企業でモバイルデバイス端末導入を一括導入する場合、会社が支給したモバイルデバイス端末を利用する方法と、個人が所有しているモバイルデバイス端末を利用する方法があります。
社員が個人所有のモバイルデバイス端末を業務で使用することをbyodと言います。
このbyodソリューションを利用する場合、安全に仕事で使用できるようにしなければなりません。
個人所有のモバイルデバイス端末の業務利用=byodはあたり前のこととなってきており、IT部門にとってはアプリやモバイルデバイス管理は課題となっています。
デバイスを自由に利用できるbyodは、企業データをセキュリティ上のリスクにさらす可能性もあるので注意しなければなりません。
byodを企業で導入する場合には、モバイルデバイス端末を一元管理できるmdmソリューションによる管理が重要になってきます。

Komentarze (0) Więcej

子供たちの興味を高めるタブレット端末による学習

admin, 18.05.2018

教育現場ではタブレット端末の導入が進められています。タブレット端末を生徒1人に1台支給するとなると、学校単位で考えた時に、大量のタブレット端末を管理、運営する必要があります。その時に役立つのがmdmです。
mdmツールを使って大量のタブレット端末を一括管理することで、子供たちの利用時間に合わせたポリシー設定をすることができます。
子供たちの興味、関心を授業に惹きつけることができると言われているタブレット端末は、授業の効率化をアップさせ、授業の理解度、興味関心度を高めることができる素晴らしいツールです。。しかしその反面、タブレットの使い方によっては、子供たちの集中力を低下させてしまう恐れもあるのです。そこでmdmでは時間帯によって異なるポリシーをタブレットに設定する機能があります。
例えば就学時間はブラウザ、Appストアなどの利用を制限して、就学時間が終わればその制限を解除して、調べ学習などにタブレット端末を活用することもできるのです。
このように時間によって設定を変えてあげることでよりタブレット端末をよりよく使える学習ツールにすることができるのです。

Komentarze (0) Więcej

文教市場でのmdm

admin, 08.05.2018

大手mdmソリューションを開発する日本のmdmメーカーは非常に人気があります。
特に文教市場と、通常の企業などで用いる業務の市場とは若干異なります。
この文教市場のmdmマーケットシェアが40%を超えるのが、Optimal Bizです。
Optimal Bizは文教市場の約40%を占めると言われてるほど、大手のmdmメーカーと言えるでしょう。
教育現場においても企業と同じようにスマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末を用いた授業が行われるようになってきています。
このモバイルデバイス端末導入によるメリットは、学習能力の向上や教師の負担を減らすという点があります。
教育の情報化はひましに加速していっていることをご存じですか?
この官民一体ですすめる教育事業の施策動向を踏まえながら、学習をサポートするような機能、システムやタブレット活用には欠かせないセキュリティシステムまで幅広く取り揃っています。

Komentarze (0) Więcej

教育現場でのmdm導入事例

admin, 20.04.2018

近年スマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末導入は、企業だけではなく、学校などの教育現場においても普及しています。学校で全教員へモバイルデバイス端末を導入する事例もあります。全教員や全生徒へモバイルデバイス端末を導入するとなると非常に大量の端末管理が必要になります。そこで大変になってくるのが管理です。
Mdmソリューションではモバイルデバイス端末の一括管理が可能であり、業務に支障をきたしません。教育現場でモバイルデバイス端末を導入する場合、それらの端末を管理するのは教職員になります。教職員は管理以外の業務も非常に多く、端末管理の知識が詳しくない人も多いです。仕事に支障を来さないためにもmdmツールによるモバイルデバイス端末の管理は重要になるのです。
Mdmを導入する以前は、多用の端末を一元管理できる端末管理の仕組みの整備や無線LANへの不正アクセスを防ぐ設定変更の自動化や効率化が課題となっていましたが、mdmを導入することによってこれらの課題が改善されます。参照URL

Komentarze (0) Więcej

VPPとは?

admin, 09.04.2018

スマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末を企業や教育機関で大量導入する場合、それらすべてのモバイルデバイス端末を管理、統括する必要があります。そのツールとして利用されているのがmdmです。
またVPPとはVolume Purchase Programの略であり、apple社が企業向け、教育機関向けに提供しているプログラムになります。
VPPを利用することで企業や学校はApp Storeで提供されているiOS向けアプリケーションをまとめて購入し、従業員、教職員、生徒などに配布することが可能です。
またVPPを利用することで、企業内、学校内で必要なApp Storeアプリケーションを担当者が管理し、端末ユーザーを利用されることもできるのです。
従来のVPPではアプリケーションをユーザーに配布した時に、専用コードをユーザーに譲渡する必要があったのですが、iOS以降に提供されたVPPの管理配布においては割り当てた使用権を回収して、別のユーザーへ割り当て直すこともできるのです。Volume Purchase Programとは

Komentarze (0) Więcej

利用者自身が電話1本でリモートワイプできるmdmツール

admin, 30.03.2018

企業で配布されているスマートフォンやタブレット端末を紛失したり、盗難されたりした時、誰でも焦ってしまうでしょう。紛失、盗難時には速やかに管理者に報告することで、その後の対策がスムーズに行われます。Mdmツールによって一元管理されていたスマートデバイス端末が紛失、盗難された時には、利用者自身は電話1本でリモートワイプ操作することができます。紛失に気付いた利用者は専用ダイヤルに電話をかけて、音声ガイダンスに沿って企業のID、個人のID、パスワードをプッシュするだけの簡単操作で自らでリモートワイプを行うことができます。リモートワイプすることでスマートフォンやタブレットなどのスマートデバイス端末内にあるデータを初期化し、アドレス帳、スケジュール、メール情報などの情報が外部に漏れ出ることはありません。さらに通話、通信ができないように回線を停止することも実行可能になっています。自らの連絡でリモートワイプ操作できるのは本当に便利ですね。参照URL

Komentarze (0) Więcej

悪質ウェブサイトへのフィルタリングが可能なmdm

admin, 20.03.2018

スマートフォン、タブレットなどのスマートデバイス端末は業務効率や授業の理解度を高めるためには欠かせないツールとなってきており、多くの企業や教育機関で導入が進められています。しかしスマートデバイス端末はメリットが多い反面、デメリットが多いという点も注意しなければなりません。そのデメリットをカバーするためにmdmツールによる一括管理が必要となってくるのです。Mdmツールを用いて、悪質なウェブサイトなどのフィルタリングでブロックする機能があります。
スマートフォンやタブレットなどのスマートデバイス端末を導入して問題となるのが、スマートデバイス端末の私的利用の問題です。そこでmdmツールでの管理によって、業務や授業中のネットの私的利用を制限して、情報漏えいのリスクや業務効率の低下を未然に防ぐことができるのです。
私的なスマートデバイス端末の利用は、ウイルス感染や不正アクセスなどのウェブの脅威にさらされてしまいます。MDM(Mobile Device Management)とは?

Komentarze (0) Więcej

ウェディング業界でも欠かせないスマートデバイス導入

admin, 27.02.2018

結婚式場などではお客様にウェディングプランを紹介するためにiPadなどのタブレット端末を利用しています。
提案内容について口で話をしても分かりづらい点がたくさんあります。そこでウェディング業界では具体的で多様なビジュアルを見てもらうことで、挙式、披露宴時のイメージをより膨らませてもらうことができるのです。
このタブレット端末の導入によってよりお客さんのニーズに応えることができるようになったと言われています。その反面、お客さんの個人情報を扱う端末になるため、タブレットなどのスマートデバイス端末のmdm導入は必須のものとなります。Mdm導入によるセキュリティ対策をきちんと行うことで企業として必要不可欠となっているのです。
特に結婚は一生に一度の大切なイベントになります。このイベントに関する情報を取り扱うため、紛失、情報漏えい対策は徹底しなければなりません。Mdmツールによる管理を行うことで、プロファイル削除防止機能による管理下からの離脱防止策、多彩なオプション機能などを組み合わせることで高いセキュリティ機能を保つことができます。参照URL

Komentarze (0) Więcej