mdm導入後のサポートについて

admin, 17.02.2018

Mdmツールを使ってスマートフォンやタブレットなどのスマートデバイス端末を一元管理しようとしている企業においては、mdmで管理が本当にうまくできるのか?管理方法は難しくないのか?などの不安を抱えている場合があります。
Mdmを提供するメーカーによっては、このような利用者の心配、不安を解消するためのサポートメニューが充実しているところも多いです。
Mdmは導入したといっても何から始めたらよいのかわからない…という声は非常に多いです。Mdmツールは導入したからとってすぐに万全の体制になるわけではありません。むしろmdmは導入後の活用が重要になってきます。
ユーザーの状況や理解度に合わせて、mdmツールの提供するメーカー側としては知識豊富なスタッフが、企業のmdm管理者講習をおこなったり、代行サービスをおこなったりすることでしっかりとサポートしてくれます。
このようなサポートメニューがついていることで、mdmに詳しい知識をもつものがいない企業であっても手軽にmdmを導入することができるでしょう。MDMの選び方のポイント

Komentarze (0) Więcej

mdm製品を選ぶ基準で大切なコスパ

admin, 07.02.2018

Mdmツールを提供する会社は日本国内だけでもいくつもあります。Mdm管理費用は、モバイルデバイス端末1台につき月額いくらと管理費用が決まっており、それにプラスして初期投資費用がかかる場合もあります。Mdmツールを導入するにあたり価格面も気になる点の1つですが、SaaS型サービスの場合mdmの価格は、多くは月額1端末あたり300円程度になります。一方初期費用はメーカーによってそれぞれ違いがあるので、価格面を重視してmdm製品を決めるのであれば初期費用はしっかりとチェックしておきたいですね。
さらにmdm製品によってオプションをつけることによって追加料金が発生する場合があります。危険探知、GPSを利用した位置確認などの機能がついたmdmの場合にはオプション料金が別途必要になる場合が多いです。
Mdm選びをする時にはコストパフォーマンスを考えて選ぶのは非常に重要です。マーケットシェアや導入実績がよいからといってmdmを選んでいると、コスパが悪く、企業としてマイナスの支出になってしまったということもあります。2014年国内主要13のモバイルデバイス管理(MDM)製品比較

Komentarze (0) Więcej

モバイルデバイス紛失に特化したmdm

admin, 05.11.2017

スマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイスを企業で導入するにあたって、一番のリスクとなるのが紛失、盗難です。紛失、盗難されてしまうと、そのモバイルデバイス端末に入っている情報が外部に漏れ出る危険性があります。企業の機密情報や個人情報などが流出する恐れもあるので、企業として大打撃を受けてしまいます。
モバイルデバイスの盗難、紛失リスクを少しでも軽減できるのがmdmツールです。Mdmツールの中にはパソコン紛失時のリカバリーサービスなどもあり、Windows端末向けのリモートワイプやリモートロックサービスなどもあります。遠隔ワイプ、遠隔ロックすることで、インベントリ収集に機能を絞ることが可能。Windows端末を紛失した時も、ハードディスク内全ての情報を遠隔で消去して、復元できない状態にすることができます。さらにmdmによっては管理者に変わって代行サービス(ワイプ操作)ができるところもあるのです。
ワイプ操作が充実していればモバイルデバイスの紛失、盗難の非常事態でも安心です。mdm

Komentarze (0) Więcej

業務効率アップできているかが明確にわかるmdm

admin, 26.10.2017

業務効率が上がることを見込んでmdmを導入したのに、その効果が良く分からない…と悩まれている管理担当者の方はいませんか?スマートフォンやタブレット端末を企業で導入する場合、莫大な経費を費やしているのでそれなりの業務効率化が見込めないと会社として損をしてしまいます。
スマートデバイス端末導入にあたって業務の効率化を図るためにはmdm管理が必須となるでしょう。業務効率が上がることを期待して、mdmを導入したのにその効果を把握できないというのは、どのようにスマートデバイスが利用されているのか、その利用状況を把握できていないことに要因があるのです。
Mdm製品の中には、スマートデバイス端末の1日の平均活用時間の他、アプリケーションの利用、通話、ウェブサイトへの実際にどのように使用されていたのかなどをアプリの活用状況から自動分析できるものもあります。
この機能があるmdmを選んでおけば導入目的に沿った使い方を促進することができ、投資対効果の把握にも貢献できるのです。MDM 「モバイルデバイス管理」 サービス – MoDeM

Komentarze (0) Więcej

複数サービスを導入するよりも機能豊富なmdmツールの方がよい

admin, 19.09.2017

Mdmツールの中にはスマートフォンやタブレット端末などのモバイルデバイスだけを管理する機能を持ち合わせた製品と、アプリケーションやコンテンツ管理ができる機能(mam機能、mcm機能)を兼ね備えたmdmツールがあります。
アプリケーションやコンテンツデータはすべてモバイルデバイス上に存在するものですので、mdm、mam、mcmの3つの機能を持つemm製品のように、mdm機能にプラスして他の機能が統合されたものを選ぶことで、できる機能がそれぞれ単体の時に比べて2倍、3倍と広がっていくのです。
またmdm管理ツールを導入した後に、mam機能やmcm機能を個別で導入すると、複数サービスを組み合わせることになり、それぞれのサービスごとに運用が必要となってしまい、運用負荷が大きくなってしまうというデメリットもあるのです。
1つのmdmサービスを管理の軸としておき、できるだけすべての機能を単一の管理画面から操作できるmdm製品が管理しやすいと言えるでしょう。
http://ascentnet.co.jp/mdm-modem/

Komentarze (0) Więcej

トラブル回避にはmdmは欠かせない

admin, 07.09.2017

mdmの環境を整えることができれば、マスターデータによくあるデータの重複や表記の揺れなどたくさんのトラブルを解決することができます。そしてmdmはタブレット端末やスマートフォンなどのモバイルデバイスを企業や教育機関で導入する場合にも重要になります。
Mdmを利用することで円滑にモバイルデバイスを利用することができますし、モバイルデバイスを導入することで起こりうるトラブルを未然に防ぐことにもつながります。
例えばタブレットやスマートフォンを紛失したり、盗難されたりした場合にもmdmですべてのモバイルデバイスを管理しておけば、外部に情報漏えいにつながる恐れがありません。
今後企業によってはさらにスマートフォンやタブレット端末などのモバイルデバイスを導入してくる会社が増えてくるでしょう。その時に必ずといっていいほど必要になってくるのがmdmツールなのです。Mdmは管理する機能がそれぞれのツールによって異なるのでそれぞれどのような機能が必要なのかを見極めて利用することが重要になるでしょう。
mdmについての詳しい資料で学びましょう

Komentarze (0) Więcej

学校側が求めるmdmのニーズとは?

admin, 25.08.2017

企業でタブレット端末を導入する場合と、学校でタブレット端末を導入する場合では気を付けなければいけない点、課題点が若干異なる場合があります。例えば企業でタブレットを導入した場合、紛失、盗難による会社の機密情報が漏えいしてしまうのが一番の課題となります。そこでタブレットを紛失してしまった場合には遠隔での操作制限としてワイプやロック操作を行い、不正利用、顧客情報などの流失を未然に防ぐようにmdmで管理行います。また使用者がモバイルデバイスにインストールしたアプリケーションやデバイスの利用頻度などの情報を管理したり、収集したりすることもできます。
一方学校では、セキュリティ面はもちろんですが、教師など管理者が業務を効率よく進めることができるか?という点が1番の課題となります。タブレットを授業で必要する場合、アプリの追加やバージョンアップが必要になり、それにはwi-fi接続の設定が必要となります。このような基本的な設定をすべてmdmが行ってくれるかどうかがポイントとなります。
学校に配置されるmdm

Komentarze (0) Więcej

マルウェア対策

admin, 15.08.2017

コンピューターを個人的または仕事で用いる場合において避けられない作業の一つにメンテナンスが存在する。システム周りの不備やウイルスの存在をスキャンし、常に安定した環境を維持する為にも定期的なメンテナンスは不可欠と言える。小さなパソコンとも形容されるスマホにおいても同じ事が言えるのだが、このメンテナンスも地味に面倒くさい。個人用のPCなどであればセキュリティーソフトが自動的にメンテナンスを開始したりするもするが、使用中にやられるとついつい「キャンセル」のボタンを押してしまう物だ。結果として何週間、何ヶ月もメンテナンス無しのまま使い続けるという事も起こりうる。一方で業務用のPCや端末であれば、「使ってない時間」というのは明白に存在する訳で、その時間を用いて作業を行えばいい。とは言え一台一台起動して作業というのも数が多ければ簡単ではない。MDMサービスの中には端末とPCを一括で管理できる物も多く、こういったメンテナンスやスキャニングを一括、または個別に時間指定して行う事も可能なので、保守点検作業に管理者が立ち会う必要もない。http://ascentnet.co.jp/mdm-modem/

Komentarze (0) Więcej

海外での利用

admin, 06.08.2017

職種によっては活動範囲が「国内」にとどまらないというケースも存在する。海外出張時にMDMの管轄下を離れてしまうというケースはセキュリティー面での不安と同時に、多くの機能がロックされてしまえば仕事に大きな影響を与えてしまう。そのような職種であれば「海外対応」が可能なMDMサービスへの加入が必要となる。いわゆる「グローバル対応」と呼ばれる物だが、サービスによっては「国内限定」であったり「利用はできるが動作保証外」など様々な物が存在する。職種によって依存度が大きく異る部分だが、決して無視できない部分の一つでもある。海外出張が年に数回、数日というのであれば・・・覚悟を決めて端末を持ち歩かないという選択肢もあるが、盗難や紛失で大きな損失をもたらす可能性があるのは何も携帯端末に限った話ではなく、カバンの中の書類や資料もデジタルかアナログかの違いしか無く結局の所、重要度で言えば同じであるという事は忘れてはいけない。こちらで国内のMDM を紹介

Komentarze (0) Więcej

ヘビーユースのmdm機能とは?!

admin, 28.07.2017

Mdm管理機能サービスと言っても様々な機能があります。企業や学校などでスマートフォンやタブレット端末などのモバイルデバイスを導入する場合、mdm機能によって一括管理できるようにして導入する必要があります。このmdm機能は利用するメーカーのプランによって、使用できる機能が異なります。例えば携帯電話の延長線としてスマートフォンを使用する場合、ライトユースのmdm機能で十分ですが、業務システム連携や業務に特化したmdm機能が必要になる場合、ヘビーユースの機能が必要になってきます。ヘビーユースのmdm機能ではコンテンツ管理、コンテンツ活用、VPNアクセス管理や活用、アプリケーション管理活用などを行うことができます。またマルチOS、マルチキャリア、マルチデバイスに対応しているので様々なモバイルデバイスでmdm機能を利用することができるのです。
豊富なメニュー体系ではあるものの、必要な機能だけを利用することができるのでモバイルデバイス自体の操作が難しくなるということはありません。
mdmでできる基本情報をお届けします。

Komentarze (0) Więcej